>  > 女優の結婚生活

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:
kumikooba.jpg
画像は、大場久美子公式HPより

「女優の私生活はオッサン。結婚に向かない―」

 その理由として、“オッサンのように自由気ままで、かつ女王さまタイプ”な性格が多いらしく、旦那がストレスを溜めてしまうらしい。

その最たる例ともいえる大場久美子の私生活が『教訓のススメ』(フジテレビ)で公開された。

 18歳の時に出演した『コメットさん』(TBS)をきっかけに人気タレントとなった大場。その後は、火曜サスペンス劇場や土曜ワイド劇場などを中心に女優として活動し、2000年には年下ダンサーと結婚。しかし、5年後に、多忙によるすれ違い生活などから離婚となってしまう。

 坂上忍曰く、「大場さんて昔からトンチンカン。マイペース」らしく、大場自身も「マイペースですね。同じ屋根の下に誰かがいるのが許せなくって、隣のベッドで寝返りとかうたれたらダメなタイプ」と認める。周囲も「離婚は必然だった」という。

 そんな大場だが、2011年に10歳年下のサラリーマンと再婚。

「キスとかチュッチュとかイチャイチャとかそういうのはないんですけど、やりたい放題やらせてくれる。理解力のある優しい夫。(家事は)ほとんど主人がやってくれる。(寝る場所は)今はどこでも寝室で、どこでも寝れるので、その日その日で寝る場所が違う。家具もないし、何にもない部屋で自由に自由なことを(やって過ごす)」と、現在の生活を明かす。

 その自宅での大場と夫のやりとりが公開されると、出演者からは驚きの声があがる。

「え?(旦那さん)敬語?」

 敬語だけでなく、大場の冷蔵庫チェックを受け、「(ヨーグルトが)16日と17日が逆だよ。やり直さないと」と叱責され、さらにはパソコンを見ている大場にヨーグルトや酵素を準備。旦那の私物は押入れのプラスチックケースの3段のみという扱いは、「まるでマネージャーさんみたい」(藤本美貴)である。

 喫驚する出演者をよそに、「なにかあると申し訳ございませんって誤ってくれるから喧嘩にならないんですよ」と大場は満足気に語る。映像を見た西川史子の「旦那さんに対する尊敬あるんですか?」という当然の質問には、尊敬ではなく、「感謝しています」と答える。

 こんな生活では旦那がストレスを溜めそうだが、「大場さんの旦那さんはファンですもんね?」と坂上が明かしたように、旦那は、大場のブログに書き込みをしていたファンだという。

「私がブログにここ行きますと書き込むと、皆集まってくれるんですね。オフ会とかしていて、一緒の方向の人がいれば、一緒に電車に乗って帰るんですよね」(大場)というなかで、旦那と出会ったらしい(ある意味では、AKB48の指原莉乃と元カレの出会いに近い)。そういった関係性もあり、旦那は大場に尽くしているようだ。

 そのエピソードや結婚生活を見ていて思うのは、“オッサンのように自由気ままで、かつ女王さまタイプ”の女優と私生活を共に出来るのは熱烈なファンのみなのかもしれないということだ。もちろん、愛する女優の私生活を見ても、ファンで居続けられればではあるが。
(TV Journal編集部)

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。