>  >  > 鐘を鳴らした結果…ひどい暴行で顔が崩れた!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

インド

,

プーチン

,

リンチ

,

ロシア

 私たちの想像を軽々と超えたニュースが次から次へと発信される神秘の国、インド。そんなアジアの大国から、またまた衝撃のニュースが飛び込んできました。

 インドのとある村の寺院で、ふと目に付いた鐘を鳴らしてしまったロシア人旅行者が、地元住民による集団にリンチを受けてしまい、そのあまりに痛々しい傷跡の様子が今月27日付の英「The Daily Mail」紙上で報じられています。

 ロシアの港湾都市、カリーニングラード出身のセルゲイ・ボグダノフさん(28)は、休暇を利用してインドを旅していました。インド西岸に位置するマンドレムという村に行き着いた彼ですが、「地元の人々も友好的で、とてものどかで平和な場所でした」と初めの印象を語っています。

 しかしその後、彼が不意に取った「ある行動」によって、全てが一変してしまいます。地元の寺院で数枚の写真を撮影し、そこにあった鐘を鳴らしてしまったボグダノフさん。鐘の音が辺りに鳴り響いた直後、村中から男たちの集団が殺到し、捕らえられた彼は道路へと引きずり出されます。そして集団から殴る蹴るの暴行を受けたのです。中には棒で殴りかかってきた男もいたといいます。結果、彼はこれほどまでの重症を受けるに至りました。

bell.jpg
暴行による傷「The Daily Mail」より

 ロシアのメディアによる電話取材に対して「どうもその鐘は、誰かが亡くなったとき祈りを捧げるために鳴らすものだったようです」「私を集団から引き離そうとしようとしてくれる僧侶もいましたが、それ以上は特に助けてもらえませんでした」と答えるボグダノフさん。負傷し苦痛に悶える彼は、自らの足で地元の病院へと行くしかありませんでした。やっとの思いで地元の病院に到着し、経緯を話しても、それを聞いた医者たちは治療を拒みだします。結局彼が渡されたものは、包帯だけだったそうです。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?