>  >  > インカ時代のミイラの死因は? 500年前、一体何が!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

インカ帝国

,

ドイツ

,

ミイラ

,

考古学

Inca.jpg
アタカマ砂漠で発見された女性のミイラ「PLoS ONE」より

 三つ編みにされた髪の毛などを見ると、当然のことなのですが、今から数百年前に彼女が実際に生きていたのだという事実に思いを馳せずにはいられません。

 この女性のミイラは、1890年代にチリのアタカマ砂漠で発見され、博学だった当時のバイエルン王女テレーゼが自国に持ち帰ったものです。その後、現在に至るまでバイエルン州立考古学収集館で長らく保管されてきましたが、この度、ミュンヘン大学の古生物病理学者アンドレアス・ネルリッヒ氏によって頭蓋骨や組織、DNAが詳しく調査された結果、彼女の死因と人生の一端が判明してきました。

 今月26日、学術誌「PLoS ONE」にて発表された内容によると、女性の年齢は20歳~25歳。彼女が生きていた時代は、16世紀前後のインカ時代でした。そのおさげ髪の根元は、外国からもたらされたと思われる細いロープによって固定されており、ヘアバンドはアルパカやリャマの毛から作られています。彼女が主に食していたのは、海産物やトウモロコシでした。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。