>  > 幸せだった少女の暮らしは… 戦争の悲惨さを訴える衝撃動画!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

NGO

,

イギリス

,

ウクライナ

,

シリア

,

内戦

,

戦争

 家族や友人たちに囲まれて迎える誕生日、勉強や遊びで充実した毎日……と、少女の生活は、ささやかながらも愛と平和に満ちた幸せなものでした。しかし、彼女の日常の1コマを映し続けるこの動画は、やがて予期せぬ展開を迎えます。続きは動画でご覧ください。

戦争は、少女の幸せな日常を破壊する「YouTube」より

 この動画は、戦争がいかに人々の暮らしを変えてゆき、その中で子どもがどれほど傷付いているかを示そうと制作されたものです。世界の子どもの生活と権利を守ろうと活動する国際NGO「セーブ・ザ・チルドレン」が、いまだ内戦の続くシリアで生きる子どもたちへの支援を呼びかけるため、インターネット上に公開しました。

 動画の舞台はイギリスとなっています。ご存知の通り、第2次大戦後のイギリスでは(北アイルランド問題などを抱えてはいるものの)本土を破壊しつくすような戦争や内戦は起きていません。しかし動画の終わりには、「ここでは起きていないことだからといって、それが起きていないわけではない」というメッセージが表示されます。つまりあえてイギリスを舞台としたのは、現在平和を享受する人々に対して、自らの暮らしが戦禍でどのように変化してしまうのかを示すことにより、他国で今も続く戦闘をよりリアルなものとして捉えて欲しいという意図が込められているのです。

 今月5日に公開されたばかりのこの動画は、すでに200万人近くの人に視聴され、さまざまな反響を巻き起こしています。日々の忙しさにかまけて、シリアやウクライナで起きている現実を遠くの話と受け止めがちな私たちですが、同時代を共有するものとして、そこで暮らしている人々の苦しみや悲しみを忘れることなくありたいものです。
(靄野大作)

関連キーワード

NGO

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。