>  > 中国人女性、1年で脚を23cm伸ばすことに成功!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

中国

,

手術

,

,

関節

 もっと長い脚をもっていたら……そう夢見る人は多い。しかし彼女の場合、その願いは極めて切実なものだった。中国人のシュ・ジュアンさん(21)の両脚は、左右で長さが異なっていたのだ。そして今回、最新の医療が、彼女の短かった片脚を伸ばすことに成功したと、今月4日付けの英紙「The Daily Mail」が報じている。

leg.jpg
治療の前後比較「The Daily Mail」より

 ジュアンさんの左脚は、問題なく成長した右脚と比べて、約23cmも短かったという。原因は、子どものころに罹患した骨の感染症と、その不十分な治療にあった。彼女の大腿骨部分はバクテリアに侵され、成長を止めてしまったのだ。結果、両脚の長さは左右で異なるものとなり、大人になった彼女は杖が手放せない生活を送らざるを得なかった。

 ジュアンさんの両親は、いつか彼女に脚の長さを揃える治療を受けさせてあげたいと、長年にわたり節約生活を続けてきたという。そして今回、ようやく彼女に手術を受けさせることができたようだ。

 彼女の治療を担当したフー・イーフー医師は、「彼女の状態はとても複雑でした。ただ単に片脚が短いというだけではなく、膝や股関節までも未発達の状態で、人工関節置換手術も施す必要があったのです」と語っているようだ。そのため医師たちは、2段階に及ぶ治療プランを練り上げた。まず第1段階は、彼女の左足を伸ばし、左右の足の長さを等しくする。そして第2段階は、左膝の関節と股関節を人工関節に置き換える、というものだ。この計画通り、ジュアンさんは2012年10月から2013年10月までの間、計4回の手術を受けなければならなかった。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。