>  > 【近親相姦】16歳の息子と32歳母親

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント8

 全国性的暴力反対連合ウィスコンシン(WCASA)の公式サイトによると、アメリカで性的虐待を受ける子どものうち43%が近親者によるものであり、家庭内で幼児/小児性的虐待が行われているケースが非常に高い。

 性的虐待を受けた子供は自分が悪いのだと責めることが多く、誰にも相談しないことが多いため、水面下に隠れているケースもかなりあると見られている。

 また、近親相姦の加害者は、一般人には理解できない異常な精神を持つ悪魔のような人間だと定義づけられることが多いが、しかし、乳児期に離れ離れになった親子が長い年月を経て再開したときに惹かれあい性的関係を持つことは「ジェネティック・セクシュアル・アトラクション」と呼ばれる現象によるものであり、仕方ないのだと主張する者がいる。

misty035.jpg
画像はYouTubeより


■息子との情事に溺れまくった母親・ミスティ

 2012年にカリフォルニア州の静かな田舎町ユカイアで近親相姦の現場を押さえられ逮捕された32歳のミスティ・レベッカ・アトキンソンも、15年ぶりに再会した16歳の息子と性の快楽に溺れるようになったのは「ジェネティック・セクシュアル・アトラクション」が原因だったのだから仕方ないと主張。世間を唖然とさせた1人だった。

 ロックバンドのグルーピーのようなイケイケおばさん的風貌のミスティは、16歳で男児を出産。その息子が2歳のときに子育てを放棄し、以来、一度も面会することなく離れ離れに暮らしていた。アメリカでは子どもの親権は両親が共同で持つことが多いが、彼女の息子の親権は100%父親が取得。ミスティが親権を取り戻そうとしたり、子育てに関わろうと努力したことはなかったようで、Facebookに掲載された彼女の自撮り写真を見ると、これまで自由気ままに奔放的に生きてきたのだろうなと察することができる。

コメント

8:匿名2016年1月31日 10:32 | 返信

気持ち悪いです。この母親は最低です。

7:匿名2015年12月16日 00:04 | 返信

ぜんぜんいける。やりたいな。

6:匿名2015年11月21日 14:41 | 返信

32歳・・・
まだまだ現役だもんね♪

5:匿名2015年11月 2日 15:42 | 返信

遺伝子のエラーだね。
通常近親相姦防止に思春期には体臭などで身内が不快になったりする。女子高生が父親の洗濯物を一緒に洗って欲しくないとか。

4:匿名2015年9月 7日 16:45 | 返信

確実にサイコパシーだろうな、
母親も息子も。
認めるコメント書いてる人も恐らく・・・。

3:匿名2015年9月 1日 22:21 | 返信

多様な価値観が人の可能性を生み出すのでは?
父を殺すとかいうのはともかく
母と息子で愛し合うというのは悪い事とは思えない
マザコンだろうといいだろう
ゲイだろうといいだろう
何が一線なのかは人それぞれじゃないのかと
まぁ殺人みたいに人へ害をなすのはよくないが
近親相姦は人を殺さないだろ?

2:匿名2015年7月27日 05:02 | 返信

まともな母親なら、自分の性欲のはけ口で自分の息子の人生を破滅させる様な事はしませんが。
日本人のふりして日本語で書き込まずに母国語でお書きになれば?

1:匿名2015年7月13日 13:54 | 返信

お互いが良ければいいと思うけど。
2人がこれだけお互いを求めてるのに、親子だからって関係を辞めなきゃいけないのだろうか? 親子だから気持ち悪いとかは他人の主観である。
また再会して、幸せになってもらいたい。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?