>  > 小保方バッシングは現代の魔女狩りなのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:STAP細胞, TV Journal編集部, 小保方晴子
小保方さんバッシングに疑問の声 過度な個人攻撃に違和感

 連日、メディアを賑わせている理化学研究所の小保方晴子ユニットリーダーらが発表した「STAP論文」。  今年1月末に世界的学術誌『Nature』上で発表された論文は、「ノーベル平和賞ものだ」と、一時はメディアで賞賛されたのだが、今では「未熟」「論文の体をなしていない」と手のひらを返しをされている形だ。  なぜ、このような事態に陥ってしまったのか?  まず、ほとんどの人たちが「STAP論文...

人気連載

レメディオス・バロ/暗闇と夢と魔術の芸術家 ― ビョークやマドンナも陶酔する美人シュルレアリストの真実

 最近、筆者の周囲では(年齢的に当然かもしれないが)結婚が相...

封印されたトンデモ映画!! あのヴァン・ダムも自社商品“ユニバG”に出演させた大神源太とは?

――絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・天野ミチヒロが、ツッコ...