>  > 小保方バッシングは現代の魔女狩りなのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:STAP細胞, TV Journal編集部, 小保方晴子
小保方さんバッシングに疑問の声 過度な個人攻撃に違和感

 連日、メディアを賑わせている理化学研究所の小保方晴子ユニットリーダーらが発表した「STAP論文」。  今年1月末に世界的学術誌『Nature』上で発表された論文は、「ノーベル平和賞ものだ」と、一時はメディアで賞賛されたのだが、今では「未熟」「論文の体をなしていない」と手のひらを返しをされている形だ。  なぜ、このような事態に陥ってしまったのか?  まず、ほとんどの人たちが「STAP論文...

人気連載

奇習! 全裸で拘束されて晒される不貞の男女―おぞましき裸刑の実態

【日本奇習紀行シリーズ】 山梨県・某地方 ※イメージ画像:T...

意図を超えてやってくるものを意図的に働きかけるパラドクスとは? シュルレアリスト・瀧口修造が追い求めた「デカルコマニー」

【拝啓 澁澤先生、あなたが見たのはどんな夢ですか? ~シュル...