>  > 2~3年位内に富士山噴火!?  世界遺産の登録が原因か?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

世界遺産

,

予言

,

富士山噴火

,

百瀬直也

fujisanfunka.jpg

――30年以上にわたり、スピリチュアル・超常現象を研究する百瀬直也が、今話題の不思議ニュースを独自の目線で紹介する。

 3月14日に伊予灘でM6.2の地震があったことで「南海トラフ地震の前触れか?」と囁かれている。しかし、注意するべきはそれだけではない。富士山の噴火だ。東京大名誉教授であり、火山噴火予知連絡会会長でもある藤井敏嗣氏は、3月3日に放送されたBS日テレ「深層NEWS」に出演した際に、「富士山はいつ噴火してもおかしくない状態」と語っている。

 この記事では、数年中に富士山が噴火する可能性を考えてみることにしたい。


■富士山噴火、被害は?

 今年2月6日、山梨、静岡、神奈川の3県と国などが、富士山噴火の広域避難計画をまとめた。それによると、噴火による降灰が堆積した場合、住宅倒壊の恐れで避難を迫られる住民は47万人にもなるという

 さらに首都圏でも、甚大な被害が予想されている。内閣府発表のハザードマップでは、東京都内やディズニーランドでも、2cm~10cmほどの降灰量が予測されていて、数日間外出も不可能になる。さらに、「交通機関のマヒ」「飛行機の全面ストップ」「携帯電話が火山灰の影響で停止」「水道の給水停止」などの可能性もあるそうだ。

 東日本大震災の際には、都内でもコンビニで食料品や日常品がすっかり消えてしまったが、ライフラインの停止が長引くほど、それ以上の大混乱も招きかねない。東海・関東など被害が予測されている地域では、大地震だけでなく富士山噴火に対する防災対策も各家庭で必要になってくる。


■いつ噴火する? 学者・ジャーナリスト編

 では、富士山はいつ頃噴火すると考えられているのだろうか。それについて、まずは学者の見解を紹介したい。

 富士山噴火は、「宝永大噴火(1707年)」以降300年以上起きていないため、冒頭で紹介した藤井敏嗣氏のように、「いつ噴火してもおかしくない」と考える学者やジャーナリストが多いようだ。

・3.11直後の地震で噴火しなかったのは奇跡!?

 防災ジャーナリストの村上和巳氏は、過去の例を見ても「富士山は巨大地震から3年以内に噴火している。3・11の直後、富士市で震度6の地震がありましたが、あの時、噴火しなかったのは奇跡的だったという研究者もいるほど。しかも次回は、相当大規模な噴火になることが予想されます」(『週刊実話』、2014年2月27日特大号、日本ジャーナル出版)と語る。

・2016年までに噴火する!?

 また、3.11など多くの大地震を予測し的中してきた木村政昭・琉球大名誉教授は、2016年までに富士山が噴火すると予測している。その木村氏は、昨年11月20日に出現し、その後西之島と合体した新島の浮上について、富士山と関連づけて、こう語っている。「今回の新島は、この力が日本の南側にあるフィリピン海プレートにかかった結果。同様に、富士山が乗っているユーラシアプレートも太平洋プレートからのプレッシャーを受け続けていて、そのストレスがたまり続けています」(『週刊大衆』、2013年12月16日号、双葉社)。その「ストレス」も、噴火の一因となり得るのだろうか。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。