>  > 【近親相姦48人】ソニー・ビーン、禁断の人喰い族!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

【シリアルキラー・猟奇殺人 完全紹介シリーズはコチラ】

 近親相姦は道徳上の理由だけでなく、両親の血縁が近い者同士は共通の劣性遺伝子を持っており、その有害な劣性遺伝子が子孫に受け継がれていく確率がとても高くなることから、許されないタブーとなっている。動物たちにも健康な子孫を残すために近親交配を本能的にさけるというメカニズムがそなわっているほどなのである。

 しかし今も昔も、親が我が子を完全な支配下に置き、近親相姦を強制するという事件が世界中で発生している。世間から隔離された場所で生活し、我が子と性交渉したり子ども同士で性交渉させ、子どもを産ませるという狂人的なケースもなくならない。

 14世紀から15世紀(15~16世紀という説もあり)のスコットランドで、近親相姦により48人の大家族となった一族が世間との交流を断ち、洞窟に隠れ暮らしていたという伝説がある。一切の教育を受けなかった子ども、孫世代は言葉も満足に話せなかったが、親に絶対服従し、生きるために人を殺してその肉を食べながら生き延びていたのだという。大
 ヒット中の漫画『進撃の巨人』に登場する2体の巨人“ソニーとビーン”の元ネタにもなった、ソニー・ビーンとその一族である。


■ソニー・ビーン、幼少時の闇

800px-Scotland.southwest.topo.jpg
画像は、スコットランド南西部「Wikipedia」より

 14世紀後半にスコットランドのイースト・ロージアンで生まれたアレクサンダー・“ソニー”・ビーンの子供時代は、悲惨で過酷なものだった。農業群落の中で育った彼の父親は溝掘り作業や廃棄物処理などの肉体労働者で一家はとても貧しかった。父親はソニーに対して「自分に都合のよい、よき息子」になることを強要。幼い頃からよく暴力をふるわれたソニーは、父親が望む通りの息子になろうと努力し大人と共に懸命に働いた。しかし、心の奥底に規則や労働に対する嫌悪感があった彼は、すてばちな態度をとりがちでクビになり、「堅気の暮らしも出来ない奴なのか」「使えない」と父親を失望させた。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?