>  > 全身を30秒で乾かす、夢の「ボディ・ドライヤー」!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

 お風呂あがりの清潔な体は、きれいなバスタオルで拭きたいもの。しかし、時間が足りないなどの理由から、洗濯は数日に一度という人もいるのではないでしょうか。そんな人に朗報です。そもそもバスタオル自体を不要にしてしまう、驚異の次世代ガジェットが誕生したのです。

dryer.jpg
画像は「Body Dryer 公式ホームページ」より

 そのガジェットの名は、ずばり「ボディ・ドライヤー」。ニューヨークに拠点を置く、製品と同名を冠する企業によって開発されました。同社ホームページや、テック系メディア「Digital Trends」が今月17日に掲載した紹介記事によると、このガジェットは「全身を30秒で乾かしてくれるドライヤー」だというのです。

 体重計よりもわずかに大きなサイズの「ボディ・ドライヤー」は、空気を吸い込み、内部で圧縮とマイナスイオン化を行います。そして上に乗るユーザに向けて、プレート部分のノズルから一気に空気を吹き上げるのです。

dryer_2.jpg
画像は「Body Dryer 公式ホームページ」より

 勢いよく噴出した空気は、渦を巻いた円柱となってユーザを取り囲み、つま先から髪の毛まで、全身についた水の粒子を細かく変化させます。これは、公衆トイレなどでよく見かける、熱で温めた風によって水分を蒸発させるハンドドライヤーとは全く異なるアプローチとなっており、どうやら30秒という素早い乾燥の秘密はここにあるようです。また、吹き出す空気の温度は、その時の気温によって最適な温度に調整されるといいます。

 開発者は、「バスタオルを洗濯せずに何度も使っていると、体がキレイになったように感じられなくなった」ことが今回の製品を生み出すきっかけとなったと語っています。そして、「ボディ・ドライヤー」の使用こそが、最も衛生的で効果的な全身の乾かし方だとアピールします。

プロモーション動画「YouTube」より

 今のところ「ボディ・ドライヤー」は試作段階にあるものの、今後の一般販売を目指し、来月からはクラウドファンディングサイト「Indiegogo」にて出資を募る計画があるようです。市場価格は25,000円程度が想定されているものの、初期の支援者には、特別に12,800円ほどで提供されるようです。この価格と機能であれば、将来広く普及する可能性もあるかもしれません。興味のある方は出資を検討してみてはいかがでしょう?
(靄野大作)

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。