>  > 舞台女優は、演技力があっても主役になれない!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

TV Journal編集部

,

舞台女優

sakaimasato04.jpg
GQ JAPAN」(コンデナスト・ジャパン)より

 劇団出身の俳優たちの活躍が最近特に目覚しい。

 火付け役となったのは、“クドカン”こと脚本家の宮藤官九郎だろう。劇団「大人計画」出身のクドカンは、自身が脚本を担当するドラマに多くの「大人計画」俳優、また、劇団で活躍している俳優を起用した。阿部サダヲがその最たる例である。

 当初は脇役ばかりだった阿部サダヲだったが、視聴者から高い評価を受け、今では主役を張るまでになった。

 実は、昨年ブレイクした堺雅人も、そんな劇団系俳優の1人といえるだろう。

「現在の所属事務所である田辺エージェンシーが、堺雅人さんの舞台俳優としての評判を聞いてスカウトしたという噂です。その後、田辺エージェンシーは堺さんをゴリ押しするのではなく、淡々と仕事を入れて行った。実は、堺さんは“月9”にも脇役で出ていますからね。木村拓哉さん主演の『エンジン』(フジテレビ系)です。積み重ねていった脇役での演技が徐々に評判を呼び、今では主演を務める売れっ子俳優になったワケです」(業界関係者)

 ほかにも、芸能界には劇団出身の俳優があまた存在する。大御所の橋爪功から、西村雅彦、八嶋智、生瀬勝久などなど。クドカンが脚本を担当した『あまちゃん』(NHK)にも、多くの舞台俳優が出演し、話題になった。

 なぜ、舞台俳優は重宝されるのか?

「舞台はドラマのように撮り直しができない。常に一発勝負のため、当然、高い演技力が必要になる。そして、その一発で、お客さんに伝えないといけない。表現力が高くないと務まらない。そうなると、自ずと個性が出てくる訳です。その個性がありながらも、演じる役に対する適応能力も高くないと知名度は上がらない。『木村拓哉さんは何を演じても木村拓哉』と揶揄されますが、舞台俳優の方々は、個性を出しつつも、俳優名ではなく、役の名前を強く押し出せる。堺さんの『半沢直樹』(TBS)と『リーガルハイ』(フジテレビ)のバランスが最たる例ではないでしょうか」(舞台監督)

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。