• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

Fono

,

エコ

,

次世代

,

音楽

 ダンスが政府に規制されてしまうようなこの国では、いつになっても設置されることはないかもしれませんが……。豊かなクラブカルチャーが根付いた欧州では、日本のはるかに先を行く斬新な設備が存在するようです。その設備の名は「Fono」。なんとパブリックスペースに設置される、「みんなのためのDJブース」だといいます。

fono.jpg
画像は「The Daily Mail」より

 「Fono」の利用者は、テーブル上の指定の場所に、音源の入ったスマートフォンを設置するだけで、お気に入りの曲を自由に操ることができるようになります。DJコントラーラやミキサー部分の設計は、品質から配置に至るまで、プロも満足させるほどの仕様となっており、スクラッチやクロスフェードはもちろんのこと、数々のエフェクトやピッチのコントロールなど、あらゆるDJプレイを楽しめるとのことです。そして利用者のDJプレイは、「Fono」内部のアンプによって増幅され、スピーカーから出力されるのです。

fono_3.jpg
画像は「Yalp Interactive」より

 しかし「Fono」の驚くべきところは、全ての電力が屋根の上に備わったソーラーパネルによって供給される点にあります。さらに、発電した電力を蓄えておくためのバッテリーも内蔵しているため、いつでも好きなだけ仲間たちと音楽を楽しめる、完全にグリーンな未来型音楽システムというわけです。ちなみに「Fono」の構造部分やテーブルはコンクリート製となっており、全ての電子部品もその中に収められているため、天候を心配する必要もなければ、そう簡単に破壊されることもありません。

関連キーワード

Fono

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。