>  >  > 西シベリアで正体不明の青いミイラが出土!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

ミイラ

,

ロシア

,

部族

 北極圏にほど近いロシア・西シベリアにおいて、正体不明のミイラたちが発見されたとして欧米メディアの話題を呼んでいる。彼らは一体何者で、どのような文化を持っていたのだろうか。

Siberia.jpg
画像は「The Daily Mail」より

 ロシアの地方紙「The Siberian Times」が今月9日に報じた記事によると、5体のミイラが出土したのは、北極圏の端から南に30kmほど離れた場所に位置する「Zeleniy Yar墓地遺跡」だ。この遺跡の調査は、2002年に地元住民たちの「先祖の眠りを妨げるな」という申し立てにより一度中止された経緯があるが、今回10年以上の時を経て再開されることとなったようだ。


■意図せず青いミイラに!?

Siberia_4.jpg
画像は「The Siberian Times」より

 今回のミイラたちが現代まで良い状態で保存されていたのは、意図せぬ形で偶然に起きた現象であるという。というのも、出土したミイラたちは体のさまざまな部分を銅のプレートで覆われており、そのことが遺体の酸化を防いだと考えられるためだ。私たちがよく知るミイラより青みがかった肌をしているのは、その影響だと思われる。また、年輪年代測定や埋蔵物の分析から、墓地遺跡は7~13世紀のものであると推定されている。


■ペルシャと交易が!?

Siberia_2.jpg
画像は「The Daily Mail」より

 出土したミイラは、子ども(男3人、女1人)と大人(男1人)であったが、中でも保存状態が良かったのは、赤毛をした大人のミイラのようだ。彼の体は、トナカイやビーバー、クマの毛皮、そして銅のプレートで入念に覆われており、多数の宝飾品と共に出土した。それら宝飾品には、鉄の戦闘用ナイフや銀のメダル、鳥の人形などの他に、およそ1,000年前に6,000kmも離れたペルシャとの交易があったことを示す、椀状のボウルも含まれていたという。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。