>  > 生放送中にスタジアム「爆走する幽霊」!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

X51.ORG

,

サッカー

,

幽霊

 先週17日、南米中部ボリビアで行われたサッカー国際試合の放送中、スタジアムの客席を爆走する謎の幽霊らしき物体が撮影され、南米諸国で話題となっている。幽霊が現れたのは、首都ラパスにあるエルナンド・シレス・スタジアム。コパ・リベルタドーレス(南米大陸サッカー大会)のファイナルステージ初戦として行われたボリビアの「ザ・ストロンゲスト」とウルグアイの「ディフェンソール・スポルティング」による白熱した一戦だった。

 試合は「2-0」でボリビアのザ・ストロンゲストがリード。ロスタイムに差し掛かった91分、ゴールキーパーがボールをキックして前線へと大きくフィードし、カメラはボールに追従して敵陣側へとパンしていく。

 すると客席に立ちすくんでいた人間のような半透明の黒い影が、まるでボールを追いかけるようサッカー選手のごとく、敵陣方向へ向かって走り始めるのだ。

爆走する幽霊「YouTube」より

 一見すると、単に熱狂的な観客が興奮して客席を疾走しているようにも見える。しかし黒い影はまるで人々をすり抜けるように狭い客席の人々の「中」を疾走し、さらに、客席の区域を区切るブルーのネットさえもすり抜けて走っていくのである。やがてボールを追いかけるカメラの視界から幽霊は消えてしまうため、結局幽霊がどこまで走ったのかは分かっていない。

 しかし試合はテレビで生中継されており、多くの人々がこの「爆走する幽霊」を目撃。放送終了後すぐに話題となり、国営放送のニュースにもとりあげられた。

 期間中は南米中を熱狂に巻き込む、コパ・リベルタドーレス。幽霊の正体は無念を残したままこの世をさったサッカー選手なのか、あるいは熱狂的なサッカーファンの幽霊だったのか。その正体は謎のままである。
(文=X51.ORG)

人気連載

“せむし男表現”をめぐる日本と欧米の温度差 ― 絶滅した「せむし男映画」の世界【後編】

※イメージ画像:『ヘルショック 戦慄の蘇生実験 デジタル・リ...

なぜ、せむし男は消えたのか? ― 絶滅した『せむし男映画』の世界【前編】

――絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・天野ミチヒロが、ツッコ...

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。