>  >  > 世界各地で「消える橋」! 意外な盲点とは!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

,

窃盗

,

解体

 「橋頭堡(きょうとうほ)」という言葉がある。通常は、「物事を展開する上での足がかり」というような意味で使われるが、もともとは戦時の物資輸送のために重要な橋を守る砦を指す言葉だ。橋がどれほど大事なものであるかということがよく分かる言葉だが、日常生活ではまさか橋が狙われるものだと意識することはない。しかし、今でも「橋頭堡」が必要であると思ってしまうような事件が世界で起きている。

bridge.jpg


■全長6メートルの橋が盗まれる

 今月16日に「TORONTO SUN」が報じたところによると、先月アメリカのイリノイ州で全長6メートルの橋が盗まれたことが判明した。木や鉄でできていた小さな橋だったのだが、あまり使われていなかったため発見が遅れたようで、いつ盗まれたのかもはっきりとはわかっていない。郡の保安官によると、付近ではこれまでに交通標識なども盗まれており、それらに続いて橋が盗まれたという事態だ。

 橋が盗まれるという事実は非常に驚くべきことだが、実はここ数年、世界各地で発生している。


■一体なぜ!? 世界中で盗まれる「橋」

 2008年にロシアやチェコでそれぞれ200トンと4トンの鉄道橋が盗まれた。200トンもの橋が盗まれるとはにわかには信じがたいが、実際に一晩で解体されて盗まれたようで、もはやデビッド・カッパーフィールドのショーのような驚異的な所業である。

 2011年9月にはアメリカ・ペンシルバニアで全長15メートルの鉄橋が盗まれ、2人の犯人が逮捕されている。犯人らは溶接作業用の切断トーチを使い、10日間ほどの期間で全てを解体して盗んだという。その後、スクラップ業者からの通報で2人は逮捕された。

 また、2012年には再びチェコで10トンの橋が盗まれ、2013年3月にはトルコで22トンの鉄橋が、7月には中国で20メートルの石橋が盗まれている。チェコのケースではクレーンやトラックを使って通常の工事のように解体し、パトロールに訪れた警官には偽の書類を見せて摘発を免れるという、堂々たる犯行であった。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。