• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

化石

,

古代

,

報告

,

清水ミロ

,

研究

 地球が出来て46億年。人間の寿命が100年だとしても気の遠くなるような数字である。地球に存在した生物の化石が発見され、その骨格などを写真で見ることはあってもその化石の脳や内臓の構造などを私達が知る事などあっただろうか。今回お伝えするのは中国で発見された5億2千年前の生物の化石から、細胞の組織や脳の構造を発見したニュースだ。


■化石から生物の心臓血管システムを発見

protensa1.JPG
画像は「Daily Mail」より

 約5億2千万年前の古代カンブリア紀に起きたカンブリア爆発により、私たちが今日目にする様々な動物の祖先が生まれたのだが、その中にフキシャンフィア・プロテンサがいる。大きいもので体長11センチ程の節足動物であり、頭部には1対の触覚と目を持つことが確認されている。

 このフキシャンフィアの体内には細かい神経細胞が張り巡らされ、心臓血管のシステムは脳や目、触覚にリンクしている。触覚の先についた目が回転し異なる角度から物を見る事も出来るとも言われている。2012年にそれらが解明された時点で脳をはじめとする体内構造を備えていることはわかっていたが、今回の発見はこれらの研究に大きな驚きをもたらした。

protensa2.JPG
画像は「Daily Mail」より

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。