>  > 【軍艦島】“日本建築史の空白の10年間”に迫る!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 今回で4回目を迎える『軍艦島大特集』。前回からは、軍艦島最大の見所である西部地域に入ったが、今回はさらに奥へと進んでみたい。もちろん、この西部地域は、建物の倒壊の危険があるため、長崎市によって一般の立ち入りが禁止されている場所だ。

 前回紹介した日給住宅(16~20号棟)に次いで見所となるのは、やはり65号棟(通称「報国寮」)だろう。軍艦島最大の建築物となる65号棟は、見る者を圧倒する。閉山から40年という時が流れ、コンクリートの劣化が進んでいるため、ボロボロとなった外壁が肉迫してくる。

 総戸数は300戸以上を誇る65号棟は、上から見ると「コの字型」をしている。昭和20年(1945年)に北側の建物(旧棟)が建てられ、昭和24年(1949年)に東側(旧棟)の建物が増築された。そして、昭和33年(1958年)に南側の建物(新棟)が建てられている。南側の建物は、外壁面が薄緑色に塗られているために、旧棟よりも明るい色をしている。

 65号棟の最大の特徴は、建物の5階以上の部分にテラスが設置されていることだろう。このテラスは、「縁側」として作られ、この部分が「軒先と縁側」となっている。65号棟は、鉄筋コンクリート造りの建物であるにもかかわらず、一般の木造平長屋の感覚が取り入れられている。

 建物の内部もユニークだ。鉄筋コンクリート造りの建物の中に一般の木造平長屋を組み込むという日給住宅の発想は、65号棟にも引き継がれており、コンクリートに囲まれていなければ、木造平長屋そのものに見える。旧棟の間取りは、6畳2間と台所となっていて、新棟の間取りは、6畳+4.5畳+台所+内便所となっている。 

 65号棟(旧棟)には、様々な施設も入っていた。1階には、歯科医院があり、半地下部分には、美容理容室があった。美容理容室では、打ち掛けや振り袖、ウエディングドレスなどの貸衣装もやっていた。そして、屋上部分には、保育園(幼稚園) が入っていた。最盛期、この保育園は、220人の児童をかかえていたという。

「65号棟の旧棟は、戦時中に建築が始められた建物です。この時代は、鉄筋コンクリート造りの建物を建てることが許されていませんでした。終戦を挟んでその前後5年間がその時期にあたります。この10年間は、“日本建築史の空白の10年間”と言われています。しかしながら、物資の乏しい時代にこの建物が建てられたことは、軍艦島から産出される石炭が日本にとって重要な役割を担っていたことを物語っています」(阿久井喜孝氏(東京電機大学名誉教授))

 軍艦島の西部地域には、20棟以上の建物が残されているが、65号棟を間近で見たときの迫力は、他の建築物とは比較にならない。65号棟は、日給住宅同様に、軍艦島を語る上で欠かすことのできない建築物なのだ。

※長崎市の特別な許可を得て取材・撮影をしています

■写真・文=酒井透:『未来世紀☆軍艦島』(ミリオン出版)、絶賛販売中!

関連キーワード:
廃墟
軍艦島
酒井透

今月の写真

  • 【写真展】ブローニュの森の娼婦、少数民族ロマ、ピカピカの都市…フランスの違和感を捉えた石川竜一最新作『OUTREMER/群青』が強烈すぎる!

写真アーカイブ

  • 【写真展】ブローニュの森の娼婦、少数民族ロマ、ピカピカの都市…フランスの違和感を捉えた石川竜一最新作『OUTREMER/群青』が強烈すぎる!2018.01
  • 今一番ヤバい街「川崎」を撮った写真家・細倉真弓に訊く! 不良、貧困、ヘイトデモ… その裏側にある“地獄のイデア”とは?2017.12
  • 【開催告知】大北朝鮮帝国展「切断芸術」が首領様をぶった切る! 「1000年残るモニュメント」「芸術理論なんか糞食らえ!」(現代美術家・生須芳英)2017.11
  • ゾクゾクするほど“圧倒的剥き出し”の沖縄写真集 ー 木村伊兵衛賞作家・石川竜一インタビュー「知ってしまったら逃げられない」2017.10
  • 2017.09
  • 2017.08
  • 【取材】世界大注目の「トリックメーク」が脳が歪むレベル!! 自分の身体をキャンバスにする韓国の美人アーティストが妖艶すぎる!2017.07
  • オリエント工業ラブドール40年間の集大成 『今と昔の愛人形』展にメロメロ! “しゃべるドール”の乳首からラブジュースも放出2017.05
  • 【R20】緊縛、絶叫、オネエ、切腹…! 「大人の見世物小屋」サディスティック・サーカスが日本にやって来る!2017.04
  • 恋人たちを“真空パック”する写真家・フォトグラファーハルがヤバすぎる! 息苦しいまでの愛の密着が、海外でも高い評価2017.03
  • 最強の性倒錯者ピエール・モリニエ/近親姦、両性具有、屍姦、人形愛… 孤高のシュルレアリストの希少コレクション公開!2017.02
  • 【写真】ベルリン、廃墟の神秘 ― 無人の核シェルター、化学工場…デビッド・リンチも欲しがった東ドイツの遺産2016.12
  • ISダーイッシュと戦うペシュメルガの兵士たちを独占取材! 日本の若き写真家がみた「想像もできない戦場」とは?2016.11
  • 遊郭、足舐め、見世物小屋…写真家・薄井一議が見せるSF的昭和が、最強にエモ・エロ・不穏でヤバすぎる!2016.10
  • 未だ解明されない謎の“縄文人タトゥー”を現代に蘇らせるプロジェクトが美しすぎてカッコイイ!2016.09
  • 男根、バオバブ、男と女……富山で性と生を描き続ける若き画家・牧田恵実インタビュー2016.08
  • ダリが認めたエイリアンの絵とは? ― “異形の巨匠”H・R・ギーガーのエロティックでグロテスクな世界2016.07
  • 特別ではない沖縄を撮った“特別な写真集”が揺さぶる沖縄観! 初沢亜利写真集 『沖縄のことを教えてください』2016.06
  • 「青」が気になりすぎた写真家が撮った“青のすべて” ― シュタイナー色彩論にヒントを得た熊谷聖司の写真集が美しすぎる!2016.04
  • 死ぬかもしれない写真集 『CAMP』 ― 写真家・石川竜一×サバイバル登山家・服部文祥対談2016.03
  • クソッタレな世界を疾走する若者たちの日々の欠片 ― 石川竜一写真集『adrenamix』の希望と絶望2016.02
  • 日本の民俗芸能は「美しいんだけど、怖い」 ― 集落に伝わる神々しい恐怖を捉えた写真家・西村裕介インタビュー2016.01
  • 死者と最も近い人々 ― とてつもなく奇妙なスラム街「フィリピンの墓場村」に潜入取材!2015.11
  • 絶対に見ておきたい、人工衛星が捉えた地球の風景8! 美しくも奇妙な“奇景”が広がる!2015.10
  • 日常を“異化”する ― BankART「アートと都市を巡る横浜と台北」展で、芸術創造の過程を追体験!!2015.08
  • 600万体の骸骨が眠るパリの地下 ― カタコンブ・ド・パリの「人骨の壁」2015.07
  • 6年間都内の非常階段から景色を撮り続けた男 ― “猥雑で美しい” 日本の街並み求めて ~佐藤信太郎インタビュー~2015.06
  • 【時を超えて絶賛される】超越する乙女心 ― 岡上淑子のフォトコラージュの世界2015.05
  • 絶対に食べてみたい、名作小説の食事50選!2015.03
  • 絶対に見ておきたい、世界の廃墟5選! 不気味だけど美しい、ノスタルジックな光景が広がる2015.02
  • 身体改造、性倒錯…性的マイノリティを追ったドキュメンタリー『凍蝶圖鑑』! 鬼才・田中幸夫監督インタビュー 「変態を生き抜く覚悟を決めた彼らは、誰よりも美しい。」2015.01
  • 単なる男尊女卑ではない ― キルギスの誘拐結婚を追った写真家林典子に聞いた「アラ・カチュー」2014.11
  • 水族館の生き物は、本当に生きていると言えるか? 写真家、馬場智行が迫る「魚たちの暗闇」2014.09
  • 土屋太鳳「自然と紙を食べていた」 ― 人が人でなくなる瞬間を演じきった演技派女優『人狼ゲーム』インタビュー2014.08
  • アントワン・ダガタ ― ギャング・娼婦・ジャンキー・戦場…世界に自分を感染させる写真家インタビュー2014.06
  • 人間がやってきたことはすべて“変”なんじゃないか? ― 『奇界遺産2』佐藤健寿インタビュー 圧倒的写真と秘話2014.05
  • 【軍艦島】“日本建築史の空白の10年間”に建てられた「65号棟」 立ち入り禁止区域に秘境写真家・酒井透が迫る!2014.04
  • 【軍艦島】立ち入り禁止区域に、秘境写真家・酒井透が迫る!2014.03
  • 純血を貫くバリ原住民の村「トゥガナン村」  禁じられた結婚とは?2014.02
  • 「映画で見た血が美しかった」 “轢き殺されたお姉さん”を描く笹山直規の頭の中2014.01
  • 神秘なる人骨 ー 生と死が共存するバリ島最後の秘境「風葬の村」トルニャン2013.12
  • 【写真多数】ゲテモノからの脱皮!? やたらお洒落な虫料理本『むしくいノート』の写真がハンパない【プレゼント】2013.11
  • 呼吸を可視化する『BREATH』の世界―池谷友秀2013.10
  • 沖縄の「世界一狭いホテル」!! “歩き回る自由”を奪う驚愕の狭さ!2013.06