>  > 食いちぎられた耳がヒルで元通り!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

切断

,

吸血

,

手術

 ヒルに対して、どのようなイメージを持っているだろう。沼地を歩いていると、知らぬ間に足にくっついて血を吸い、振り払っても傷口からの出血がなかなか止まらない、など嫌悪感を抱く人がほとんどだろう。しかし、そのヒルが人間のピンチを救うこともあるという話題をお届けしよう。なんと、ちぎれてしまった耳を、ヒルの力を借りることで完全に元通りに縫合できたというのだ。

 今月17日、米・マサチューセッツ内科外科学会が発行する医学誌「The NEW ENGLAND JOURNAL of MEDICINE」(NEJM)が報じたところによると、今回の治療に成功したのは、ロード・アイランド病院の形成外科医、スティーヴン・サリバン氏だ。


■ピットブルに耳を噛みちぎられた少女

leech.jpg
画像は「The NEW ENGLAND JOURNAL of MEDICINE」より

 昨年の7月、医師のもとに「左耳をピットブルに噛みちぎられてしまった」という19歳の女性が搬送されてきたという。ピットブルとは、しばしば闘犬として飼育され、その獰猛な一面から「危険犬種」と見なす国もある犬種だ。

 治療に当たったサリバン医師は、「犬による食いちぎりの場合、当然きれいな切断面とはなりません。一般的に再縫合の可能性は非常に低いものとなってしまう」「状態はとても不確かだった」としながらも手術に挑み、0.3mmにも満たない動脈分岐部を何とか接合することに成功する。

 しかし問題はそこからだった。ちぎれた静脈をつなぎ合わせることができなかったため、流れてきた血液の行き場がなくなってしまったのだ。血管は詰まったパイプと同じ状態で、このままでは「うっ血」してしまう。さらに、組織に新鮮な血液が行き届くこともなくなってしまったのだ。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?