>  > 東京=NYが日帰り可能に!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

Maria Rosa.S

,

宇宙

,

旅行

,

飛行機

 言うまでもないことであるが、飛行機の発達によって世界はより狭く、身近なものになった。が、テクノロジーの進歩は我々が考えているよりもずっと早く、目覚ましいようだ。もしかしたら近い将来には飛行機で東京~ニューヨーク間をたった1時間で飛行できるようになるかもしれない。驚きのニュースを英「Daily Mail」(5月7日付)が伝えている。

■超音速を超える“スーパーソニック”旅客機

 イギリスの多国籍企業であるヴァージン・グループ会長のサー・リチャード・ブランソン氏。飛行業界そして宇宙ビジネスの先駆けとしてその名を知られた実業家である。氏が米ビジネスニュースCNBCに語ったところによると、現在企画中のヴァージン・ギャラクティック 宇宙民間旅行計画が落ち着いたら、次はスーパーソニック(極超音速)飛行機の開発に取りかかるつもりだと言う。

 その飛行機はなんと19,000mph(時速約30,577キロ!!)の速さだとか。ちなみに現在の国際線ジャンボジェット旅客機はおよそ時速1,000キロ。速度30倍以上である。

superjet1.JPG
リチャード・ブランソン氏は既に商業宇宙船スペースシップ2の動力飛行に成功している
画像は「Daily Mail」より

 氏は「スーパーソニック飛行機(極超音速飛行機)の完成が楽しみだよ。コンコルドよりももっと遠く、高く、そして速い飛行機をね」と語る。

 コンコルドはかつての世界最速の超音速旅客機で、ニューヨークとロンドンを3時間で結んでいたが、2003年に退役している。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。