>  > 暴走ファンに狙われた芸能人たち

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

AKB48

,

川栄李奈

,

握手会

0526kawaei_maintocana.jpg
※イメージ画像:『AKB48 川栄李奈 2014年卓上カレンダー』株式会社ハゴロモ

 5月25日に岩手県滝沢市の岩手産業文化センターアピオで開催された「AKB48」の握手会会場で、メンバーの入山杏奈と川栄李奈、およびスタッフ1名が刃物を持った男性に切りつけられるという事件が発生した。この事件が発生したため、26日に行われる予定だったAKB48劇場での公演中止、および休館が発表され、明日以降の予定も白紙になっているという。

 被害を受けた、川栄は右手親指を骨折し裂傷を負い、入山は右手小指を骨折し裂傷、また加えて、頭部も負傷したという。彼女らは、病院に搬送されたのちに、午後9時から手術が行われた。メンバーらを切りつけた犯人は、その場にいたスタッフが押さえつけ、警官に引き渡されたという。

 イベント中の傷害事件発生という痛ましい事件をうけて、AKB48グループ総支配人の茅野しのぶ氏は、26日に自身のブログで事件の経緯を説明し、「今後、怪我を負った入山、川栄は勿論、現場にいたメンバーも含め、全てのメンバーのケアをスタッフみんなでしていきたいと思います(原文ママ)」と今後の方針を発表。また、ファンに向けて「今後の事も心配されてるファンの方々もいらっしゃるかと思いますが、まずはメンバーの心のケアを最優先にしていきたいと思います。ファンの皆様にご心配おかけしましたことを深くお詫び申し上げます。(同)」と謝罪のコメントを綴った。

 このイベントには、スタッフ約100人で警備体制が敷かれており、襲われたメンバーの近くにも2人ほど配置されていた。また会場では、握手の前に両手を広げるなどのチェック体制が取られていたというが、ランダムに行われていたという記述もあり、複数回同様のイベントに参加していたが一度も検査を受けたことがないという男性もいたという。

■過去にも多発しているイベント乱入事件

 芸能人のイベント中に観客が乱入、または襲う事例は過去にも存在する。

 故・美空ひばりは、1957年に東京で舞台出演中にファンの女性に酸性の液体をかけられ、顔に火傷を負った。83年には沖縄で公演を行っている松田聖子が少年に金属板のようなもので殴られ、右頭部と手首に傷を負った。

 また12年に、井上真央が東京国際映画祭で上映された主演映画『綱引いちゃった!』の舞台あいさつ中に、熱心なファンから握手を求められるというハプニングが起こった。13年にもプレイステーション3用ソフト『超次元ゲイム ネプテューヌ』のテレビアニメ先行上映イベントにナイフを持った男性が舞台に上がりこむ事例がある。また声優・田村ゆかりも大阪でのライブイベントの最中にファンからラジオを投げつけられるという事件も起こった。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。