>  > ASKAをめぐる天のお告げ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

ASKA

,

中島あゆ子

,

霊能力

,

 皆さんの心の声をお届けする「ソウルメッセンジャー」の中島あゆ子です。

 5月に入って、1番のニュースは「CHAGE and ASKA」のASKAさんが、覚せい剤取締法違反で逮捕されたことでしょうか。私も、「CHAGE and ASKA」のファンの一人であり、彼らの歌に勇気づけられたことが何度もありますので、非常に残念なニュースです。

 しかし、これは多くの人が予想していた内容なんです。もちろん事件を知っていたわけではありません。でも、スピリチュアルにかかわる人ならば、なんとなく「事件を起こしそう」という「予兆」のようなものがわかるんです。今回は、その辺のところを解説してみたいと思います。

balance.jpg

■「身の丈以上の幸せ」が不幸を招く

 さて、ASKAさんの事件は、「運の無い人が強運を手にしてしまった末の悲劇」と言えるのではないでしょうか。

 人は誰でも、自分の「身の丈に合った幸せ」を手に入れることが大切です。少しくらいであれば、身の丈を超えても、幸せは自分の中に納まってくれるのですが、「自分の身の丈を大幅に超えた幸せ」が来てしまうと、実力が追いつかなくなって、かえってその人を不幸にしてしまいます。

 たまに、「突然宝くじに当たったことで、かえって金遣いが荒くなり、友人もなくし、前よりも不幸になってしまった」などという話を聞きます。「成金」なんていう言葉もありますが、まさに、必要を上回る「身の丈以上の幸せ」は、人間がバランスの中で生きている以上、かえって大きな不幸を招いてしまうものなんです。

「CHAGE and ASKA」の場合、CHAGEさんの方が強運の持ち主であり、彼が前面に出てプロデュースしたことによって、非常に大きな栄光をつかむことができました。

 そのために「SAY YES」や「YAH! YAH! YAH!」が大ヒットした時期までは、非常に順調に進んでいたのです。しかし、このあたりで2人の不仲説が出て、双方がソロを行うようになり、いつの間にか両者ともあまり表舞台に出なくなってしまいました。

 2人のグループは、2人で共鳴する。音楽と歌をASKAさんが、運とプロデュースをGHAGEさんが担うことによって、非常に良いバランスを保っていたのに、ASKAさんが「身の丈以上の栄光」を手にしてしまったため、「ソロでも行ける」と思ってしまったのです。そうすると、バランスが崩れてしまうんですね。

 そして徐々に「過去の栄光」と「自分の思い」、さらに「現実の自分」との間で、大きな「ズレ」が生まれてしまい、その「ズレ」が大きくなった結果、幸運が逃げて行ってしまったのです。

関連キーワード

ASKA

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。