• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

クマ

,

動物

,

清水ミロ

,

 ヨガというとあなたは何を思い浮かべるだろうか。ストレスの多い今の世の中、健康法やダイエットのひとつとして生活に取り入れている人もいるだろう。元は修行法としてインドで生まれたものだが、日本には、よりカジュアルな形で浸透しているのではないだろうか。

 体をほぐすことで健康促進やダイエットに、精神統一を促す事でストレスを軽減したり、とストレッチだけに留まらない何か深いものを感じてしまう。それは私達人間に限った事ではないようだ。


■フォトジェニック! その美しい姿にビックリ

 5月20日付の「Daily Mail」に、何とも微笑ましい記事が掲載されている。スペイン北部のカンタブリア州にあるカバルセノ自然公園にて、こんな素敵な“早朝ヨガ”がキャッチされた。

yogabear1.JPG
画像は「Daily Mail」より

 スポーツジムのヨガかピラティス教室で見られそうなこの写真、左の後ろ足を真っすぐに伸ばし、交差させた両手で支える熊。心なしかカメラ目線に見えなくもない。これを撮影した、野生動物写真家のマリーナ・カーノさんは、定期的にこの公園でワークショップを開催しているそうだが、「熊がこんなポーズをしているのは見た事がない」ととても驚いたようだ。この茶色の毛が特徴の熊の寿命は約30年といわれ、主にロシア、インド、中国、カナダ、アメリカ、そしてヨーロッパに位置するカルパチア山脈と広範囲にわたって生息が確認されている。

yogabear2.JPG
前足を顎に。その視線の先に何を見るのでしょう… 画像は「Daily Mail」より


■“ヨガ熊”は他にもいた!!

 しかしヨガをする熊はこれだけではない。2010年の9月、フィンランドのアフタリ動物園で、サントラという名の熊が15分に渡るストレッチを行っていたそうだ。しかも両前足でV字に開いた両後ろ足を支えた姿勢のまま、1~2分間静止していたというから驚きだ。サントラはこの後もゆっくりと、そして安定した動きでストレッチを続けたそうだが、その姿は、まさに人間がヨガをしている時そのものだったそうだ。

yogabear3.JPG
一方こちらはフィンランドの熊「只今アタクシ瞑想中」
「The Guardian」の記事より

 これを見たヨガのインストラクターも、「初心者の動きではないですね。これは完全に練習を重ねている熟練者のものです」と舌を巻いていたようだ。


 世界中の不幸な事故や事件が、新聞やテレビ 、ネット上を日々駆け巡る「ストレス社会」と呼ばれる中に暮らす私たちだが、この熊たちのように生活にヨガを取り入れてみたらどうだろうか。より穏やかに、そして健康に過ごせるかもしれない。
(文=清水ミロ)


参考:「Daily Mail」、「The Guardian

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。