• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
rockfeller0625.jpg
事故を伝えた記事「Bloomberg

 こんにちわ、陰謀社会学研究科家の聖橋乱丸である。

 6月13日の現地時間朝、ユダヤ系財閥のロックフェラー家の医師リチャード・ロックフェラー氏(65)が操縦する小型機がニューヨーク市郊外ウエストチェスターから離陸後に飛行場西方の民家をかすめ木に衝突。墜落して、同氏は死亡した。彼は、米銀大手チェース・マンハッタン(現JPモルガン・チェース)元会長のデービッド・ロックフェラー氏の息子で、石油王ジョン・ロックフェラーのひ孫にあたる人物である。

 事故当時、霧が出て視界不良だったことから、この事件は「ロックフェラー氏の操縦ミスを含む事故死」として最終処理がなされた。

 ちなみに、本記事は、アメリカ航空事故調査委員会の結論が出た後に書いたものである。この結論が出るまで、メディアには様々な記事や噂が飛び交った。それもそのはず。ロックフェラー氏は、世界が注目している家柄であり、ある意味で世界を動かす闇の一族だからだ。“飛行機社会”ともいえるアメリカにおいて、飛行機の事故は日常茶飯事であるが、こうした要人の死を疑いもなく“事故”と決めつけるのは危険だ。実際に今回の事故も“暗殺のにおい”がするのである。その理由をみていこう。

 要人の航空事故死で暗殺が疑われたことで記憶に新しいのが、ジョン・フィッツジェラルド・ケネディ・ジュニア(以下、JFKジュニア)の1999年7月16日の墜落死である。1999年7月16日、JFKジュニアは小型飛行機「パイパー・サラトガ」を操縦し、アメリカ東部のニュージャージー州フェアフィールドのエセックス郡空港から、一家の別荘があるマサチューセッツ州マーサズ・ヴィニヤード島へ向かう途中、ロングアイランド沖の海上で消息を断った。国家運輸安全委員会の事故調査の結果、機体・システム・航空電子機器・エンジンなどには機械的異常の証拠が見出されなかった。操縦していた「パイパー・サラトガ」は、高性能である反面、機体制御が難しいとみなされている機種で、しかもJFKジュニアはパイロットとしての経験をあまり積んでいるとはいえなかった。このことから、事故の原因は空間識失調(操縦者が夜間に海上に降下していくとき空間的な方向感覚を失い、機体の制御が維持出来なくなったため)と結論付けられたのである。

 しかし、亡くなったのがケネディ家の者であることや、事故後にこの航空機の機器改良がなされなかったことから、暗殺説が流れたのである。

 さて、このJFKジュニアの事故とロックフェラーの事故の奇妙な一致点がある。

1、慎重なはずの操縦士が、靄の中で飛行を強行している

 JFKジュニアの場合、この日、同じタイミングで飛行をしようとして取りやめた操縦士はこう語っている。「当時の視界は わずか6、7キロで水平線も見えず、自分の位置を見失ってしまう状態だった」

2、整備士がいつもと違った

 どんなに慎重でベテランの飛行士であっても、整備がしっかりとできていなければ、飛行機は落ちてしまう。その整備士がいつもと違った場合、より慎重に飛行しなければならないはずなのに、いつもと同じように飛行している。

3、操縦ミス
 
 2人とも、視界が悪く、計器だけを頼りにしなければならない状態に陥り、有視界飛行ができない状況だった。

 しかも、いつもと違う整備士が調整した計器を便りに操縦して「操縦ミス」につながっている。つまり、整備士が少し計器の針を狂わせれば、簡単に操縦ミスで飛行機が墜落させることができたのである。

 つまり、整備不良であったのか、本当に操縦ミスなのか、あるいは、整備士による暗殺だったのか…が、争点になっているのである。

 ロックフェラー氏に関してえば、通常、「高度計」さえ見ていれば、たとえ靄の中でも民間住宅の横をかすめて、木に衝突するというような事故が起きるはずがない。計器が壊れていたか、あるいは、操縦者のロックフェラー氏に何らかの異変があったか、そして、整備士によって何らかの細工がされっているかだ。

 では、暗殺だったとして、誰が狙ったのか? これはもちろん陰謀論である。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。