• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
maoasada0530.jpg
画像は、『Sports Graphic Number 2014年 3/13号

 日本と韓国。

 事あるごとに「vs」になってしまう両国の近年のバトルの一つに、フィギュアスケートの勝敗を巡る議論がある。韓国の国民的英雄であるキム・ヨナと、日本で“真央ちゃん”と愛される浅田真央。世界的にも突出した才能が、同じ時代に誕生してしまったことで、大会では激しい争いが繰り広げられる。そして、そのたびに巻き起こるのが、二人の勝敗を巡る八百長疑惑である。では、実際に八百長はあるのだろうか?とあるスポーツ関係者に聞いた。

「八百長があるかどうかというより、八百長が取り沙汰されているスポーツを考えてみて下さい。近年でいえば、フィギュアスケート、新体操、あとはボクシングかな。共通しているものは何か? 全部、採点制なんですよ。採点制は誰が、さらにどう見るのかによって、採点が大きく変わりますよね?」

 確かに、フィギュアスケートでいえば、一般的に「技術力の真央 vs 表現力のキム・ヨナ」とされているが、荒川静香氏は「私から見るとむしろ逆」と分析している。また、ロシアフィギュアスケート界の重鎮、タチアナ・タラソワ氏がキム・ヨナの演技について「私が審判ならもっと低い点を付けた」と語っていた。先述の関係者がいうように、採点制のスポーツは、野球でいう「ストライク」やサッカーでいう「ゴール」のような明確なラインは見え辛い。

「たとえば、とある新体操の大会があります。個人戦は別なんですけど、団体戦の優勝はたいてい演奏する学校の新体操部です。八百長があるかは分かりませんけど、採点スポーツにはそういうことが多い。だって、『今のは角度がどう』なんていくらでも言えるでしょう。それで、採点が変わるというのは…フィギュアスケートも、競技性を高めるならば、誰が見ても分かるようなジャンプのポイントを高くすべきです。だって、サッカーや野球だって、芸術性はありますよ。たとえば、サッカーチームのバルセロナは“バレエのようだ”とプレイの芸術性を世界から称賛されています。けど、それは点数化されない。試合の勝敗を決めるのが、ゴールではなく、採点する人たちの感性になってしまうからです」

関連キーワード

コメント

1:匿名2017年4月24日 05:57 | 返信

金妍児に関しては八百長。
尻もちついて加点されりゃ世話無いわ。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。