>  >  > ミイラはオネエダンサーだった!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2
関連キーワード:

Maria Rosa.S

,

エジプト

,

ミイラ

,

古代

 件のミイラは女性用の棺に納棺されて、1835年にイギリスの大英博物館に到着した。

 かつては鮮やかなピンク色を放っていたであろうスカート(敷布)を身に纏い、ふくよかなバストまであった為、長い間誰もが女性だと疑いを持たず、博物館のガイドブックにも『女性ダンサー』と記載されていた。

 ただ、ミイラの顔には髭の模様が描かれていたため「女性のはずなのに何故?」という疑問は持たれていたが、今までその性別が疑われる事はなかったのである。

gaymummy1.JPG
胸…ありますよね? 画像は「Daily Mail」より

 そして今回、英紙「Daily Mail」が報じたところによると、このミイラの本当の姿がCTスキャンによって明らかになった。なんと、これまで女性だと信じられていたミイラが、実は男性だったということ、そして「彼」の盛り上がった胸や腿は、意図的に布を何枚も重ねていた可能性があるということが判明したのだ。さらに、この男性は少なくとも20歳以上で、身長168cmほど、そして何故か5本もの歯に損傷があり、腫れもひどかったようだ。

gaymummy2.JPG
元は1820年代の在エジプトイギリス領事ヘンリー・ソルトの美術コレクションの一部だった
画像は「Daily Mail」より
gaymummy3.JPG
現在大英博物館で開催されている古代展で、展示されている8体のミイラのうちの1体である
画像は「Daily Mail」より
gaymummy4.JPG
博物館館長は「この最新のテクノロジーは古代調査に欠かせない画期的なもの」と語る
画像は「Daily Mail」より

 大英博物館の「古代エジプト及びスーダンエリア」を担当する学芸員ジョン・テイラー氏は、

「これは世界でも非常に稀なケースです。ミイラは皮のベルトとリネンの紐も身につけています。これは装飾の一部であるのですが、何を象徴しているかは不明です。ただ、過去の文献内にあるエジプトの踊り手に関する叙述を見ると、類似のものがあるので、このミイラは踊り手だったと推測しています」

と語り、生前の「彼」が踊り子としてかなり高い地位にあった可能性があると指摘する。

関連キーワード

コメント

2:Smitha7982015年3月28日 15:22 | 返信

I am just seeming both for blog sites which give independent, nutritious commentary on all difficulties or blogging sites which have a liberal or droppedwing slant. Thank you.. bkeabageedefgfbe

1:カオル・マンドレーク2014年12月13日 22:29 | 返信

女装ダンサーという呼び方が良いでしょうね。そもそも「おネエ」は女性のような物言いをする男性同性愛者に対して使うゲイスラング、その方に対して敬意のある言い回しではないので

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。