>  > 「アッコにおまかせ」ギャラ問題で露呈した、TBSの謎と闇

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1

 パソコン(PC)遠隔操作事件時、「真犯人を名乗るメールが届いた」というツイートが話題になった弁護士の落合洋司氏だが、先日のツイートがそれ以上に話題を呼んでいる。それは、「アッコにおまかせから、また性懲りもなく電話があったので、二度と電話するなよと言っておいたが、馬鹿だから他にどれだけ伝わるか」というツイートだ。

 落合氏が辛辣なツイートを残した理由は、「散々説明させ、ギャラも払わず、番組でも何ら紹介せず」という『アッコのおまかせ』(TBS)のコメントに対するリターンの無さに集約されている。

akkoniomakase0603.jpg
『アッコにおまかせ』(TBS)公式HPより

 実は、『アッコにおまかせ』は昨年、コラムニストの吉田豪氏にも「某番組のスタッフの人(面識なし)から『某芸能人の絶版の本を番組で紹介したいから、表紙の写真を撮ってメールして下さい』との連絡あり。…もちろん謝礼云々の話はないので、無償でやってくれってことなんだと思います! テレビすごい!」 とツイートされている。ちなみに吉田氏は、10年くらい無償で『アッコにおまかせ』にコメントを出しているという。

 企業がCMを出すように、個人もTVに出演するのは、パブリシティ的な意味合いもある。自身の名前がTVにて紹介されることで、宣伝となり、本業に繋がるというものだ。しかし、『アッコにおまかせ』は名前すら紹介しないことがある。

 これはTV業界の常識なのだろうか?

「いや、そんなことはないと思いますよ。ベストセラーを出すような作家でなくても、たとえば、それなりに有名なスポーツライターなら、コメントを出すことで1万円は貰えますね。その流れは、トピックスがあるとTV局から電話がかかってきて、コメントをします。TV局の制作会社は「録音してもいいですか?」と聞いてきて、こちらがOKを出せば録音し、それを使うか使わないかはTV局側の判断です。でも、使われなくても、ギャラは払ってもらえます」(スポーツライター)

 では、単純にTBSは製作費が少ないのか?

関連キーワード

TBS

コメント

1:匿名2015年3月28日 09:56 | 返信

なぜ、TBSが制作費が多いのか?
それは、自社制作率の違いが原因です。

自社制作率とは、全番組の中で、自社で制作している番組数の比率で、
自社で制作せず他のプロダクションに外部発注されている場合は、当然、制作費は安くなり、

視聴率とは、関係なく制作費は高くなります。
この事も知らずに批評しているのは、業界シロートですか?

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。