>  >  > 著名人がアノ病院を利用する理由
悲劇の現象学 Vol.8

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

KYAN岬

,

病院

,

自殺

 分析心理学の父、カール・グスタフ・ユングは、「シンクロニシティ」という概念を唱えた。一見、関連がないように見える事象が相互につながり合っていることを説いたのだ。かつてメディアを賑わせた凄惨な事件や悲劇的な事故。その現場に残された“遺物”をたどると、忌まわしい記憶と、我々が過ごす平凡な日常をシンクロさせる見えない糸が浮かび上がってくる。事件記者が綴る暗黒のアナザーストーリー「悲劇の現象学」シリーズ


【第8の遺物 2つの死と慶応病院】

zard.jpg
ZARD ALBUM COLLECTION~20th ANNIVERSARY~』(ビーグラムレコーズ)

『負けないで』などのヒット曲で知られるZARDのボーカリスト、坂井泉水が40年の短すぎる生涯を閉じたのは、7年前の5月27日。

 坂井は前日早朝、入院先の病院内のスロープから転落し、生死の境をさまよっていた。

 しかし、治療の甲斐なく脳挫傷で絶命。

 一夜明けた28日、日本を代表する歌姫の死が伝えられると、日本中に衝撃が走った。

 当時、一報を受けて現場に駆け付けた夕刊紙記者は、次のように振り返る。

「芸能マスコミのみならず、一般紙の社会部記者やテレビクルーが現場に殺到した。坂井が転落したのは病院の駐車場だった。坂井は前年に子宮頸がんが発覚。一端、手術は成功したものの、肺への転移が見つかって再入院していた。そんなこともあって『病状を悲観した上での自殺か』との情報も飛び交っていた」

 だが、その数時間後、集まった記者たちは、より大きな混乱の渦にのみ込まれていく。締め切り時間に追われながら、取材に奔走していた前出の記者は、所属先の編集デスクから1本の電話を受け取る。

「松岡が死んだぞ!」

 明らかに狼狽した様子のデスクは、そう一言だけ告げて電話を切った。

 すぐにはその言葉の意味を読み解けなかった記者だったが、無数の報道ヘリが上空を旋回し始めて事態の深刻さを自覚することになる。

「松岡というのは、松岡利勝農水大臣のことだった。当時は、第1次安倍政権で閣僚に不祥事が相次いでいた時期。彼も、事務所経費の不正計上問題や不正献金疑惑で、野党から厳しい追及を受けていた。一連の問題を苦にした松岡氏は、この日、衆議院議員宿舎で首つり自殺を図った」(前出の記者)

 関係者によって発見された松岡氏は、すぐに病院に救急搬送された。そして担ぎ込まれた先が、坂井死去の報を受け、マスコミが殺到していた慶応義塾大学病院だったのだ。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。