• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
関連キーワード:

アート

,

ユンチャン

,

木林純一

【非常に過激な作品です。モザイクなしの画像・動画は、2ページ目へ】

re-chinaperf.jpg
画像:ユンチャン氏の作品「一米民主(ONE METER DEMOCRACY)」「YouTube」より

 中国のアーティスト、ヘ・ユンチャンが群衆の前で自らの身体を麻酔なしで手術し、肋骨を摘出するという過激なパフォーマンスを行い、賛否を呼んでいる。

 パフォーマンスの様子を伝える中国のギャラリー経営者、メラニエ・ワン氏はブログにそのときの様子をこう綴っている。

「手術が行われる前、まずユンチャンにより、手術を行うべきか否かを決めるために、観客の間で擬似民主主義的な多数決が実行された。その結果、12人が賛成、10人が反対、3人は棄権した。そして手術は決行された。ユンチャンは『手術前に行った投票は見せかけの民主主義だった』と話していた」

 ユンチャンはこれまでも、中国で最も過激なパフォーマンスアーティストとして知られ、自らの肉体の強度と精神力を試すように度々苛酷なパフォーマンスを行ってきた。

 例えば、自らをコンクリートで固めて封じ込め24時間我慢したり、“川を半分に分ける”といったコンセプトのもと、クレーンで身体をつり上げ、川に血を垂らし続けるパフォーマンスに挑戦し、物議をかもしている。

yunchang2.jpg
画像は、作品:与水对话「hihey.com」より

 今回の作品となる手術の後、ユンチャンはこう語っている。

芸術としてのパフォーマンスと日常生活が切り離されるのは、それが一定の強度をもった場合に限ります。私は人々に行動してもらいたいんです

 ユンチャンはこの作品を「1メーター民主主義」と名付け、“個人と国家の間にある緊張”を表現していると話す。(1メーターとは身体を切り裂いた長さ)

「中国は非常に複雑な社会です。そこに生きる1人1人が身体と知性を使って現実を初めて直視する事、それこそが重要なんです。そしてそれとは別に(今回のように)身体を酷使したパフォーマンスにも、もちろん意味があります。歴史的に中国人は人民全体としての精神性ばかりを重んじて、個人の身体というものを軽視してきたからです。しかし、現代の中国人はより個人として独立して思考するようになり、その二つの間で綱引きが行われているわけです。そうしたアイデアに私の知性と私の身体を使って力を与える事で、何かもっと大きな結果が引き出せるのではないかと思っています」
(文=木林純一)

関連キーワード

コメント

1:匿名2015年12月12日 14:26 | 返信

助骨摘出してなくない?

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?