>  >  > 裏口入学は本当にあるのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

TV Journal編集部

,

大学

,

就職

,

芸能人

0606nabeyakan_main.jpg
※イメージ画像:なべやかんオフィシャルブログより

『裏口入学』というワードをインターネットで検索すれば、様々なエピソードが出てくる。

 たとえば、スポーツ推薦枠がないはずの慶應義塾大学にも、裏口入学があるとささやかれている。その話によると、「嘘だとおっしゃるかたも必ずいらっしゃると思いますが、紛れもなく本当の話です。(窓口の)場所は都内某所です。会員制の施設にて行われていました。本人はいませんでしたが、その両親がいました」とのこと。しかし、これはあくまでもネット上でのウワサなので、真偽のほどは不明だ。


 では、実際に裏口入学や替え玉受験などはあるのか? そして、どのように行われているのか? この疑問に、息子であるなべやかんを1991年に明治大学へ裏口入学させた経験を持つ、タレントのなべおさみが『~裏ネタワイド~ DEEPナイト』(テレビ東京系)で答えた。

 なべおさみ曰く、なべやかんには六大学に入学できるだけの学力がなかったそうだ。そこで、その話をなべおさみの後援者が聞きつけ、「なべちゃんの(通っていた)学校に入れたらええやん」と言い、「書類持ってきたらええがな」と、だけ助言されたという。
 
 なべおさみは、「言われた通りに書類を提出しました。学校にも内申書を取りに行って、(願書を)やりました。すると、な~んにも(試験も)しないで、明治大学文学部の合格書が来たんです」と、なべおさみは振り返る。

 だが、その肝心の話を取り付けた人物については、「そこを言っちゃあ…ダメでしょ」と濁したままだ。徹底ガードされているはずの“闇”が、当時なぜ発覚したのだろうか?

 なべおさみいわく、23年前の明治大学には、選出された100人の委員がおり、なべも芸能界代表のOBとして名を連ねていたという。しかし、その委員会が分裂し、内部抗争が勃発してしまう。そして、互いの粗探しが始まったのだそうだ。

「この内部抗争によって、『利権の暴露合戦』が始まった。その中に“裏口入学”を仕切っている部門のあぶり出しが起きたんです。そこで、『誰が入っている』と調べられたら、僕の名前があったんです」(なべおさみ談)

 そして、なべおさみは格好のターゲットとなり、その情報はマスコミにリークされた。これにより、世間の注目が集まり、替え玉を斡旋した職員ら3人が逮捕されて事件は終結となった。それは利権争いが終焉を迎えたということも意味する。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。