>  > 呪いからインポまで対応!? C・ロナウドに黒魔術をかけたガーナの呪術師

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
nanakuwaku.jpg
ナナ・クワク・ボンサム氏「YouTube」より

 5月31日に行われたギリシャとの国際親善試合を「筋肉痛」により欠場したポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド。ポルトガルは格下のギリシアに0-0で引き分け、彼の早期回復が望まれていた。しかし、今月に入り「左足太ももの筋肉損傷および左足膝蓋腱の腱炎」と診断され、現在、回復の経過に注目が集まっている。

 このことに関し、6月4日付のデイリーメイル紙に、驚くべき記事が掲載された。それは、怪我の原因が、ガーナで最も影響力があるという呪術医、ナナ・クワク・ボンサムによるものだというものだ。

 ナナ・クワク・ボンサム氏は、ガーナのラジオ「エンジェルFM」でこう語っているという。

「私は、C・ロナウドの負傷が何なのか、知っている。私が彼に働きかけている」「私は本気で言っている。先週、私は4匹の犬を捕まえてきて、“Kahwiri Kapam”という特別な精霊を呼び寄せた」

 この主張が、C・ロナウドが負傷してからであるならば、ナナ・クワク・ボンサムの「売名行為」ともとれるだろう。しかし、ナナ・クワク・ボンサムは4カ月前から、C・ロナウドの呪術による体調不調を予言しているのだ。

「私は4カ月前の時点でこのことに関して話している。C・ロナウドをW杯に出場できなくするか、少なくとも(W杯)ガーナ戦でプレーできないよう働きかけている。この負傷の原因はわからないだろう。今日はひざ、明日は太もも、次の日はまた別の部位が負傷する」

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。