>  > 財務省最強説は都市伝説か!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
0613zaimu_main.jpg
※イメージ画像:Thinkstockより

「財務省に日本は支配されている!」

 そう声を大にする政治家もいるが、実際に支配されているのだろうか。元新聞記者の岸宣仁氏が、『~裏ネタワイド~DEEPナイト』(テレビ東京系)で財務官僚の実態を明かした。

 財務省といえば、国家予算と税を取り扱う、“日本のお金を牛耳る実質日本トップの省庁”だ。大蔵省から財務省へと組織は変わったものの、変わらずに予算の全権を握っている。

 岸氏は「予算を配る側っていうのはやっぱり強くて、もらう側は政治家でさえ、ペコペコしている。公共事業とかあるのでね。他省庁は財務省に頭を下げないと、お金を取れない。いくら(予算を)取れたかっていうのが、他省庁の人たちの出世の評価につながる」と財務省の力の強大さを語る。

 そんな財務省で働く人たちとは、どのような人たちなのか?

「私が一番すごいなと思ったのは、『4冠王』と呼ばれる人。国家公務員試験1番、東大1番で主席(で卒業)、司法試験1番、外交官試験も1番という方がいました。これは極端ですが、国家公務員試験の上位20位くらいに入っていないと、大蔵省(現、財務省)の面接に行っても受からないかな。トップ中のトップが、大蔵省を目指した」と岸氏がいうように、企業も含め、最も難関な就職試験をクリアしたのが、財務官僚である。

 しかし、完璧ともいえる財務官僚にも欠点がある。

 子供のころから、神童と評されるほど物覚えが早く、中学・高校・大学では秀才と呼ばれる。学校や塾で教えられることを、すぐに吸収できる反面、岸氏は「挫折を知らない人が多い」と語る。ゆえに、「挫折を味わいたくない。挫折を知らないエリートの人たちは、事務次官っていうポストが、最後の栄冠。ここでも負けてはいけない。事務次官のポストを射ることが頭の中の8割は占めている」という。だが、どんなに優秀な人間が集まっても、事務次官のポストはひとつ。審議官までは、キャリア組はほぼ同一に出世していくが、その先について岸氏は「言葉は悪いが間引きが始まる」と明かす。

 それでも、天下りがあれば、事務次官になれなかったエリートも、公社公団や特殊法人の役員という着地点を見いだせた。しかし、天下りに厳しくなった昨今では、終着点が見出し辛い。そのため、さらに出世志向が高まり、多くのエリートが“ひらめ”、つまり出世しか目指さなくなってしまう。能力を省のために発揮しているとは言い難いのだ。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。