>  > 鳥取連続不審死事件から4年。あのデブ専スナックは今…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

 分析心理学の父、カール・グスタフ・ユングは、「シンクロニシティ」という概念を唱えた。一見、関連がないように見える事象が相互につながり合っていることを説いたのだ。かつてメディアを賑わせた凄惨な事件や悲劇的な事故。その現場に残された“遺物”をたどると、忌まわしい記憶と、我々が過ごす平凡な日常をシンクロさせる見えない糸が浮かび上がってくる。事件記者が綴る暗黒のアナザーストーリー「悲劇の現象学」シリーズ

toca-492439675.jpg

【第9の遺物 西の毒婦と「SAY YES」】

 借金の返済を逃れるため、男性2人を殺害したとして殺人などの罪で逮捕・起訴され、今年3月の控訴審判決で一審死刑判決が支持された鳥取市の元ホステス上田美由紀被告(40)=上告中。

 美由紀被告と被害者の“馴れ初め”は鳥取市内のデブ専門スナックだった。2009年11月の事件発覚から4年半が過ぎ、日本で最も人口が少ない県で起きた事件の衝撃は薄れつつある。だが、件のスナックは煌々とネオンを点し、男たちは微妙な魅力に惹かれていた。

 事件の舞台となったスナックは、鄙びた歓楽街の裏通りにある。判決文によると、美由紀被告は2009年4月、日本海の海岸でトラック運転手の男性(47)に睡眠薬を飲ませて溺死させた。男性は迫る美由紀被告に相当な金額を貢いでいたが、キリがないため270万円の返済求めていた。

 また、DVDプレーヤーなど高級家電53万円分を買いあさったが、ツケを催促した電気店経営の男性(57)を、同様の手口で山間部に近い川で殺害した。公判で美由紀被告は同居の男性(50)の犯行説を主張。この男性とトラック運転手は件のスナックの常連客だった。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。