>  >  > 英国史上最凶のサイコパシック・キラー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

【シリアルキラー・猟奇殺人 完全紹介シリーズはコチラ】

 連続殺人鬼は「サイコパス」であると診断されることが多い。サイコパスとは、反社会的人格障害のために良心や善意を持ち合わせない精神病質者のことを指す。その数は100人につき1人の割合で存在するとも言われている。

Patrick.jpg
パトリック・マッケイ「SERIENHAI.DE」より

 人々から恐れられるサイコパスだが、もちろん全てのサイコパスが犯罪に走るわけではなく、実際には殺人鬼にならないケースの方が多い。しかし、連続殺人鬼はサイコパスである確率が高いということも、揺るぎない事実なのである。

 50年前、イギリスに住む15歳の少年が、精神科医から「この子はサイコパス。冷酷なサイコパシック・キラーだ」と診断された。当時少年はまだ殺人を犯していなかったが、動物虐待、放火、家庭内暴力と手がつけられない子どもだった。そして、この少年は自殺未遂を繰り返すなど、他人だけでなく自分自身にも危害を加える子どもであり、精神科医の診断通り、成人後に11人の命を「動機なく」奪う、凶悪な連続殺人鬼へと変貌を遂げるのだった。イギリス史上最悪のサイコパシック・キラーとされるこの男、パトリック・マッケイとは、一体どんな男なのだろうか。


■荒んだ子ども時代と死への興味

Patrick_2.jpg
幼いパトリックと家族「Murderpedia」より

 1952年9月25日、ロンドン北部のミドルセックス州でパトリック・マッケイは誕生した。父親は重度のアルコール依存症で、妊娠中の母親の腹部を蹴り上げるような暴力的な男だった。母親の胎内にいるうちから虐待を受けていた彼は、生まれてからも意味なく殴る蹴るの暴行を加えられて育ち、荒んだ少年時代を過ごした。

 彼が10歳のとき、家族の中で絶対的な権力を握っていた父親が、アルコール中毒による合併症のため42歳の若さで死亡する。しかし、父親の遺体を見せてもらえなかったパトリックは、その死を受け入れることができず、周囲の人たちに「父さんは実はまだ生きている」と言いふらすようになる。しかし、「母や自分に暴力を振るう父なんて死ねばいい」と願っていた彼は、自分がそう神にお願いしたために死んだのだと徐々に考えを変えてゆく。そして罪悪感に悩み始めた彼は、父親の写真を持ち歩くことで心を静めるようになった。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?