>  > 【日本怪事件】恐怖の三角関係、殺害後のプロポーズ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

――日本で実際に起きたショッキングな事件、オカルト事件、B級事件、未解決事件など、前代未聞の【怪事件】を隔週で紹介する…!

re-499087483.jpg

【今回の事件 大宮看護婦バラバラ殺人事件】

 殺害を打ち明けられた後に、プロポーズ……。

 その奇妙な事件の発端は、高石智伸(仮名)のデジタルカメラにあった永田悦子の下着姿の画像を、高石の恋人であった金田朋子がみつけたことだった。朋子と悦子は親友であった。

■三角関係が始まるまで

 金田朋子は、埼玉県越谷で、昭和52年11月17日に生まれた。朋子は中学に進むと、吹奏楽部に入る。彼女の6歳年上の高石は、楽器の修理業者として学校に出入りしていて、2人は知り合った。朋子が進学した越ヶ谷高校でも、やはり高石が出入りしていて、さらに親しくなる。朋子が高校3年生の平成7年、恋人同士となった。朋子にとって高石は、初めての男性である

 ロマンチックな話だが、疑問符がつく。高石が楽器の修理業者だったというのは、朋子の話にしか出てこないからだ。確かなのは、事件発生の平成13年には、高石は大手自動車メーカーの工場の期間工として働いていた、ということだ。

 一方、朋子と悦子は、大宮赤十字病院看護専門学校に、平成8年4月入学。クラスメイトとなった。休日には映画やカラオケを一緒に楽しむ仲になる。朋子の家で、2人で看護婦国家試験の勉強に励むなど、よき友であった。めでたく2人とも試験に合格し、看護師となる。勤務先も同じ大宮赤十字病院となり、2人の付き合いは深まっていく。

 何でも話し合う仲。お互いの恋の話もする。高石を交えて、3人で食事するということになったのは、自然の成り行きだろう。だが、何度も3人で食事するうち、高石と悦子は惹かれあうようになり、2人で会ってセックスするに至る

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?