>  > 恐ろしい病気にかかった父親

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
「僕は何も変わらない、絶対に」 恐怖の人食いバクテリア「A群レンサ球菌」と闘う不屈のビッグダディ

 アレックス・ルイスさんは、英国ストックブリッジでパブを経営するごく普通の父親であった。しかし、ある日のこと、彼はちょっとした風邪から「A群レンサ球菌(溶連菌)」に感染してしまう。あっという間にバクテリアは彼の身体を文字通り食いつくし、両足と片腕を切断しなければならなくなった――。  これは、彼の闘いのストーリーである。 ■存命率はなんと3パーセント  ルイスさんは今年11月、A群レン...

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?