>  > 父娘10年間の近親相姦

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

 幼児・児童性的虐待被害者のケアに尽くしてきたハーバーUCLAメディカル・センターのドクター・ローランド・サミットによると、未成年で性的虐待を受けた者は「性的虐待順応症候群」に陥る傾向にあるという。

「性的虐待順応症候群」の特徴は、(1)被害者は性的虐待されていることを「秘密」にしようとする(2)信頼している大人に裏切られ「無力感」に襲われる(3)生き延びるため、加害者の期待に応えようとする「とららわれと順応」(4)ある程度時間がたってから虐待されていたことを告白するため、信用されない「時間のかかる不確かな開示」(5)性的虐待されていると明かしたとしても、秘密をバラしたという罪の意識に悩まされて実はウソだったと否定する「撤回」の5つ。そして、未成年の近親相姦被害者も、この「性的虐待順応症候群」に陥ることが多いとされている。

 2009年、人気テレビコメディに出演していた元子役のマッケンジー・フィリップスが、未成年の頃から人気歌手だった父親と近親相姦関係にあったと告白し、全米に大きな衝撃を与えた。

 彼女の父親は、60年代に大ヒットした伝説的フォークグループ「ママス&パパス」のジョン・フィリップス。2001年に他界しており、この件について何も語れないため、「フェアじゃない」「作り話なのではないか」「売名行為なのではないか」という声も上がった。しかし、専門家たちの多くが、マッケンジーのケースは典型的な「性的虐待順応症候群」だという見解を示している

 全米を驚愕させたマッケンジー・フィリップスの近親相姦告白とは、一体どのようなものだったのだろうか。


■若くして大金を稼いだマッケンジーの子役時代

220px-The_Mamas_and_the_Papas_Ed_Sullivan_Show_1968.JPG
ママス&パパス「Wikipedia」より

 マッケンジーは、1959年11月10日、フォークシンガーのジョン・フィリップスとバージニア州の富豪一家の娘、スーザン・アダムズとの間に誕生。しかし、ジョンは地方ツアー中、十代のミシェルに出会い不倫関係となり、マッケンジーが3歳の時にスーザンと離婚。ミシェルを含む4人で「ママス&パパス」を結成。「夢のカリフォルニア」「マンデー・マンデー」などの大ヒット曲を飛ばし、フォークロック・グループの代表的存在となった。

 マッケンジーは12歳の時バンドを結成。そのパフォーマンスを観たキャスティング事務所にスカウトされ、ジョージ・ルーカス監督の伝説的映画『アメリカン・グラフィティ』で役者デビューを果たす。

 映画はヒットし、マッケンジーは注目され、テレビコメディ『One Day at a Time』にレギュラーとして出演。週に500万円稼ぐようになった彼女は、酒や薬物に手を出し、18歳の時、公共の場で泥酔し、コカインも所持していたとして逮捕されてしまう。そして、番組のリハーサルや撮影にも遅れるようになり、クビに。薬物過剰摂取(OD)で2度死にかけ、リハビリ施設に長期間入院するなど、アルコールと薬物依存に苦しむ生活を送るようになっていった。

51GCSSJYIEL._BO2,209.jpg
High On Arrival: A Memoir』(Gallery Books)

 コメディ番組降板後は、父親たちと「ニュー・ママス&パパス」で活動したり、ディズニー・チャンネルの『どこかでなにかがミステリー』などに出演。細々と芸能活動を続けているが、薬物依存による法的トラブルも多く、落ち目になっていった。

 その後、世間からすっかり忘れ去れていた彼女だったが、2009年、全米から大注目を集めた。同年9月に出版された自叙伝『High On Arrival: A Memoir』で、実父のジョン・フィリップスと19歳の頃から近親相姦関係にあったと激白したからだ。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?