>  > いまだ続く中国の臓器狩り、世界に闇広げる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
【中国】誰の臓器が取られたか? ― いまだ続く中国の臓器狩り、世界に闇広げる

 6月2日~6日にかけて、大阪、名古屋、神奈川、東京、埼玉の各地でカナダの人権弁護士デービッド・マタス氏が講演会を行った。そのテーマは「中国臓器狩り問題」。  かつては都市伝説のようにさえ語られていた中国で起こっているとされる死刑囚の臓器を使った移植医療。だが、国連人権委員会、アメリカ議会、欧州議会などをはじめ、あまりにも多くの国際的な非難に耐えかね、2005年、中国は公式に死刑囚からの臓器摘出...

人気連載

奇習! 全裸で拘束されて晒される不貞の男女―おぞましき裸刑の実態

【日本奇習紀行シリーズ】 山梨県・某地方 ※イメージ画像:T...

意図を超えてやってくるものを意図的に働きかけるパラドクスとは? シュルレアリスト・瀧口修造が追い求めた「デカルコマニー」

【拝啓 澁澤先生、あなたが見たのはどんな夢ですか? ~シュル...