>  > 世界最大110キロの腫瘍を持つ男

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

Machiron

,

中国

,

病気

,

神経線維腫症

 中国・北京市内において、9人の医師が16時間かけて110キロにもなる世界で最も巨大な腫瘍を切除したと、7月8日付の英ニュースサイト「Mirror」が報じた。

 この巨大な腫瘍の持ち主である男性・ヤン・ジャンビン氏は手術中、大人ひとりの体内に流れる量よりも多い5,000mlもの輸血を受けたという。

yanshi.jpg
画像は、ヤン氏「YouTube」より

 37年前、ヤン氏は右腰の上あたりに濃い痣を持って生まれてきた。12歳時には拳ほどの大きさになり、痣を切除する外科手術を受けたが、すぐにまた大きく育ち始めたという。そして今回手術に至るまでに、痣だったものは110キロという信じがたい大きさまで成長していたのだった。

yanshi2.jpg
画像は、ヤン氏「YouTube」より

 手術チームのリーダーであるチェン・ミンリャン医師は、ヤンが侵されていた病気について“神経線維腫症”であると発表。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?