>  > 英国のパブにまたも幽霊が出現!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

幽霊

,

監視カメラ

,

英国

 毎度おなじみ、イングランド北部ボルトンの“出る”パブ、「Ye Olde Man and Scythe」で、またも幽霊が撮影されたとして話題となっている。以前トカナでは、この歴史あるパブの「監視カメラに写り込んだ幽霊」についてお伝えしたが、今度は一体どんな幽霊が現れたというのだろうか!?

動画は「YouTube」より

 7月13日、英紙「The Daily Mirror」が報じたところによると、今回の動画を図らずも撮影してしまったのは、現地を訪れた観光客であるという。この観光客は「Ye Olde Man and Scythe」の外観を撮影しながら、店の名物であるサイダーや、過去の心霊現象の話題などをポルトガル語で紹介していたのだが……と、幽霊が現れたのはその時だった! なんと、パブの2階を正体不明の点滅光が移動しているではないか! 一瞬のことだが、この謎の光は人間の形をしているようにも見える。


■店の支配人による見解は!?

 映像を確認したパブの支配人トニー・ドゥーリー(36)は、「これはパブが何かに取り憑かれていることを示す証拠です」と語る。しかし、謎の光が確認されたのはトニーの住居スペースの窓だったようで、彼は「あまりハッピーではない」ようだ。9カ月前に店の経営を任されるまで、幽霊など全く信じていなかったというトニーだが、前回の監視カメラの件も併せて、今ではその存在を確信している様子。

 加えて数週間前、トニーは次のような不思議な現象も体験していたと明かす。ある夜、彼は飼い犬キャリーに足を舐められたかのような感覚で目が覚めた。その時、トニーの足は冷たく濡れていたが、犬は熟睡中だったというのだ。まさか幽霊による仕業なのだろうか?

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。