>  > ファンディング史に名を刻んだ男!? ポテトサラダで…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
pottato1.jpg
画像は「kickstarter」より
 

 ここ最近、インターネットを通じて新製品の開発などの資金を個人から募るクラウドファンディングサービス(以下、ファンディングサービス)が普及してきている。とりわけ、2009年設立の「キックスターター」や「IndieGoGo」などの海外サービスが有名だが、日本でも「READYFOR? (レディーフォー) 」をはじめ、ファンディングサービスが充実しつつある。

 そして今、キックスターターに現れた「Potato Salad」というプロジェクトが大きな注目を集めている。「ただ、ポテトサラダを作りたい」というだけでも前代未聞のプロジェクトなのに、それが予想外の成功を収めているのだ。


■静かに幕を開けたポテサラプロジェクト

potato2.jpg

・目標金額10ドル(約1,000円)!?

 プロジェクトの発起人は、アメリカ・オハイオ州のザック・デンジャー・ブラウン氏。7月3日にスタートした時点では、「I'm making potato salad.(これからポテトサラダを作るよ)」というコメントと、その材料費として僅か10ドルという目標金額でスタートした。キックスターターではおなじみの、クールなプロジェクト解説動画もなく、あるのはごく普通のポテトサラダの写真が1枚だけ…と、シンプルを通り越して、ネタなのかと疑いたくもなるほどだ。しかも「どういう種類のポテトサラダになるかはまだ決めていない」と、堂々コメント。過去、1,000万ドルを超える出資額を集めたプロジェクトもある中、目標金額が10ドル(約1,000円)というのは、同サイトでも極めて珍しい小額の金額設定である。

 プロジェクトを立ち上げた理由についてブラウン氏は、「ポテトサラダは大好物でよく食べるのだけど、一度も作ったことがないことにふと気がついたんだ。だから作ってみようと思ったんだ」と語っている。当初は実験的なつもりで立ち上げたプロジェクトであったが、低い設定金額のせいもあって初日で目標金額の10ドルをクリア。「35ドルで当初の4倍のポテトサラダを作る、75ドルでピザパーティーを開催する」と、新しい目標を切り出すものの、それらも次々とクリアしてしまうのである。

動画は「YouTube」より

■止まらないポテサラフィーバー

 開始3日目にしてプロジェクトは誰も予想しない方向へ進んでいくことになる。なんと、たった3日間で、ブラウン氏が内々に計画していた最終目標額の60ドル(約6,000円)を遥かに超える5,000ドル(約50万円)もの金額が集まってしまったのだ。驚きを隠せないブラウン氏はYouTubeを通してお礼のコメントと共に、ポテトサラダTシャツを作ることを約束した。

snajio.jpg
画像は「kickstarter」より

 そして7月20日現在、6,276名の支援者から当初の目標額を遥かに上回る61,147ドル(約620万円)もの額が集まっているのである。去年のキックスターターのデータでは、食に関するプロジェクトは、ほかのプロジェクトと比べて決して資金が集まりやすいとはいえず、平均出資額は6,880ドル(約70万円)。このことからも、いかにこのポテサラプロジェクトが凄いのかがお分かりいただけるであろう。

▶︎ブラウン氏のキックスターター「Potato Salad」ページ

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。