>  >  > ASKAの愛人、陽性反応でも無罪主張の謎

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
栩内被告の陽性反応「鑑定ミス」はありえる?  覚せい剤常習犯に聞いた、警察のでっちあげ話

――刑事手続きと冤罪に詳しい、ごとうさときが、世間を騒がせたアノ事件について語る!  歌手のASKA被告と共に覚せい剤取締法違反の容疑で逮捕・起訴された栩内(とちない)香澄美被告の初公判が、7月22日に東京地裁で開かれた。薬物犯罪の場合、検査による“動かぬ証拠”が出ているため、大抵の被告人は罪を認めて反省の意思を示し、少しでも量刑を軽くしようとするものだが、この栩内被告は違った。なんと全面的に...

人気連載

“せむし男表現”をめぐる日本と欧米の温度差 ― 絶滅した「せむし男映画」の世界【後編】

※イメージ画像:『ヘルショック 戦慄の蘇生実験 デジタル・リ...

なぜ、せむし男は消えたのか? ― 絶滅した『せむし男映画』の世界【前編】

――絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・天野ミチヒロが、ツッコ...