>  >  > ASKAの愛人、陽性反応でも無罪主張の謎

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
栩内被告の陽性反応「鑑定ミス」はありえる?  覚せい剤常習犯に聞いた、警察のでっちあげ話

――刑事手続きと冤罪に詳しい、ごとうさときが、世間を騒がせたアノ事件について語る!  歌手のASKA被告と共に覚せい剤取締法違反の容疑で逮捕・起訴された栩内(とちない)香澄美被告の初公判が、7月22日に東京地裁で開かれた。薬物犯罪の場合、検査による“動かぬ証拠”が出ているため、大抵の被告人は罪を認めて反省の意思を示し、少しでも量刑を軽くしようとするものだが、この栩内被告は違った。なんと全面的に...

人気連載

奇習! 全裸で拘束されて晒される不貞の男女―おぞましき裸刑の実態

【日本奇習紀行シリーズ】 山梨県・某地方 ※イメージ画像:T...

意図を超えてやってくるものを意図的に働きかけるパラドクスとは? シュルレアリスト・瀧口修造が追い求めた「デカルコマニー」

【拝啓 澁澤先生、あなたが見たのはどんな夢ですか? ~シュル...