>  > 友人関係は偶然でなく、遺伝子レベルの出会いであることが判明

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
友人は自分と似たDNA構造をしていることが判明 ― 人類の進化と出会いの謎に迫る!

 竹馬の友というように、普段自分の周りにいる友人は、共通の趣味や考え方があったり、たまたま学校や職場が同じだったと、偶然の出会いだと思われてきた。恋人なんていえば、まさにフォーリンラブ、なおさら偶然が重なってできた関係だと思われがちであるが、それらはなんと、「遺伝子レベルのつながり」であるという新しい研究結果が発表されたのである。ソウルメイトの根拠は遺伝子にあったというのだろうか? ■友人...