>  > アジア各地で熱烈支持されるサイケデリック・マスター

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

サイケデリック

,

田名網敬一

初出:日刊サイゾー 2012年5月13日

Eccentric City_with PHUNK.jpg
PHUNKとのコラボレーション展『奇想都市 - 生成と崩壊』(2010)より。

 『AKIRA』『ドラゴンボール』『ドラえもん』......子どものころ、僕らの心をアツくさせた漫画やアニメが、海の向こうに住むアジアの子どもたちの心にも火をつけていた。今や日本人だけのものではなくなった、日本のポップカルチャー。その影響を受けて育った、アジアの才能豊かなクリエーターたちを紹介します。

アーティスト/田名網敬一

 毎回、日本のポップカルチャーに影響を受けて育った、アジアのクリエイターたちを紹介している「アジア・ポップカルチャーNOW!」。今回は、趣向を変えて、今まさにアジアのクリエイターたちに強い影響を与えている日本のアーティストにご登場を願った。
 

Arched-Bridge-to-Labyrinth.jpg
Arched Bridge to Labyrinth (2011) 
Acrylic Paint on Canvas (c)Keiichi Tanaami

 田名網敬一。言わずと知れた日本を代表するポップアーティストであり、その作風から「サイケデリック・マスター」の異名を持つ。今年77歳を迎える田名網だが、その創作パワーは衰えることを知らず、むしろこの10年ほどは、全世界のアート・シーンを舞台に破竹の勢いで進撃し、サイケデリックの火焔を吐くがごとくの活躍を繰り広げている。

 旅行が嫌いで、海外でひっきりなしに開催される自身の展覧会にも、本人が赴くことはめったになく、「自身の脳内への旅」こそがクリエイティビティの源、という田名網だが、その作品は海を越えて、海外のアーティストたちに絶大な影響力を与え続けている。とくにアジアでの田名網人気は、ここ数年ヒートアップ気味で、アジア各地で彼を慕い、「自分は田名網敬一の弟子」と言ってはばからないクリエイターたちが続出しているほどだ。

 その代表格が、シンガポールのPHUNK(ファンク)。2010年、彼らは田名網と地元シンガポールにおいて2度のコラボレーションを果たしている。学生の頃からの憧れである巨匠との共同作業は、彼らにとって「またと得られない学習の場でもあった」という。

「田名網さんが、孫弟子の扱いでもおかしくない僕たちに、まったく手を抜くことなく対峙してくれたことで、僕たちもフルパワーで、真っ向から彼に挑むことができました。その懐の深さと、惜しげもなく与えてくれたアーティストとしての心づもりや制作に対するスタンスが、どれだけ僕たちの血となり肉となったかしれません」

Golden-skeleton.jpg
Golden skeleton(2011) (c)Keiichi Tanaami
Superabundant-existence.jpg
Superabundant Existence(2011) (c)Keiichi Tanaami

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。