>  > 【動画】世界最古3,400年前の不思議な音楽

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

メソポタミア

,

世界最古

,

福島沙織

,

音楽

 古代メソポタミア時代、人々が耳にしていた音楽があるとしたら、それは一体どのようなメロディーだろうか――?

 かつて考古音楽の研究者たちは「七分音階は2,000年前の古代ギリシャで作られ、古代ギリシャ人により音楽が広まった」と推測していた。

 しかし、1950年代初頭、シリアにある古代都市ウガリットで数枚の粘土板が出土され、この粘土板にはフルリ語(紀元前2,300年ごろ~紀元前1,000年ごろまでメソポタミアに暮らしたフルリ人 の言語)で使用するくさび型文字が使用されていたことから、約3,400年前の古代メソポタミア時代の粘土板であることがわかったという。

動画は、YouTubeより。曲のリズムは想像で作られたものだ

 これについて、1972年にはカルフォルニア大学古代アッシリア研究の第一人者であるAnne Draffkorn Kilmer教授が「この粘土板は現存するなかで最も古い音楽で、3,400年前の礼拝のための讃美歌である」と発表した。

 この発見によって「古代ギリシャ人の音楽が最古である」とする見解は否定されたが「七分音符の全音階だけではなく、旋律を示すハーモニーがすでに3,400年前には存在していた」という西洋音楽の起源に関する重要な発見を得ることができたそうだ。

 どのようなメロディーであったのか、またどのように演奏されていたのか謎が多い楽曲ではあるが、演奏される楽器はおそらく竪琴で、式典や祭典など特別な時に演奏されたものであろうと推測されている。

 曲のリズムは想像で制作されているが、意外と明るいメロディーで、筆者の私見だが、華やいだ場で演奏されたような曲という印象だ。また、この時代ですでにメロディーを記録するために旋律を使用していたというから古代メソポタミア人の技術には驚きの連続である。
(文=福島沙織)

参考:「openculture

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。