>  > かなりアブない17世紀の家庭医学

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

 イギリスのケンブリッジ大学で展示中の17世紀の家庭医学本25冊が、7月17日付の「Daily Mail」で紹介されている。これがかなり奇妙奇天烈な内容で、果たして本当に効果があったのかは謎である。


■治療のほとんどが民間療法だった17世紀

 イギリスの国民健康保険制度が出来るずっと前には、人々は病気に罹ったら、自分で作った薬を飲むしか方法はなかったという。例えば400年前のイギリスでは、腎臓結石には鳩の足を白ワインに入れて沸騰させたものを飲み、膀胱の病気が有る人はワイン、ニンニク、カニの目、そして牡鹿の陰茎の粉を混ぜた薬を作って飲んだと言う。また、爪が抜け落ちた人には、爪が伸びるのを助ける為に卵の白身を塗るように勧められた。他にも、「処女のワックス2オンス」と「豚のラード2オンス」を使うリップクリームの奇怪な製法が載っている。「処女のワックス」とは何か? 誰もが疑問に思うが不明である。

householdcures1.JPG
自然哲学者として著名であったサー・K・ディグビー 画像は「Daily Mail」より

 この17世紀の家庭医学のコレクションには、皇族とも働いた有名な自然哲学者であるサー・K・ディグビーの薬の作り方も記載されている。彼は、木は木星の領域下にあるのでナッツは治療に有効だという主張を持っていた。また、1652年に出版された『The English Physician』の著者であるニコラス・カルペパー氏は、喀血を止める為には栗が良いとアドバイスしている。

householdcures2.JPG
リップクリームの奇妙なレシピ:「処女のワックス2オンス」と「豚のラード2オンス(豚の背中の脂肪)」 画像は「Daily Mail」より
householdcures3.JPG
このページでは、コーヒーの起源を説明し、「最も無害な飲み物の1つ」として記述している 画像は「Daily Mail」より
householdcures4.JPG
尿路感染症になった場合は、このレシピを! サー・K・ディグビーが助言する鳩の足の白ワイン煮で腎臓結石を治療する方法 画像は「Daily Mail」より
householdcures5.JPG
奇妙な治療薬:膀胱に問題が有る人はワイン、ニンニク、カニの目、そして牡鹿の陰茎の粉を混ぜたものを飲むように勧められた 画像は「Daily Mail」より
householdcures6.JPG
目次:これは17世紀の『The English Physican』の病気別目次である。「がん(cancers)」、「cachexia(悪液質)」等の文字が見られる 画像は「Daily Mail」より
householdcures7.JPG
イギリスの国民健康保険制度が出来るずっと前、人々はもし病気に罹ったら、自分で作った薬を飲むしか方法はなかった 画像は「Daily Mail」より

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。