>  > 芸人キックのニュース“オカルト読み”!
芸人キックのニュース“オカルト読み”!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

オカルト

,

キック

,

ニュース

,

ラリー遠田

kikkugeinin_columntitle.png

~サイキック芸人・キックが、豊富なスピリチュアル・オカルト知識を生かして、最新ニュースを豪快に読み解く、芸人キックの、「第三の目で見るニュース」~

 毎回、最新のニュースをサイキックな目線で解読してきたキック。今回は複数のニュースを取り上げて、それぞれについて短めに解説してもらうことにする。

0805okarutonews_top.jpg
※イメージ画像:Thinkstockより

今回のお題
・妖怪ウォッチ
・マクドナルド経営不振
・ろくでなし子逮捕
・飛行機事故

・妖怪ウォッチ人気

 ニンテンドー3DSのゲームとして発売され、アニメ化、マンガ化もされた『妖怪ウォッチ』が小学生を中心に大人気。腕時計を模したおもちゃの「妖怪ウォッチ」や、それに取り付ける「妖怪メダル」などの商品も爆発的に売れており、いまや社会現象となっている。

「子供は素直なので、霊的なものを感知する“第三の目”が初めから開いています。だから、そういうものに感応した結果、妖怪をテーマにした作品を熱烈に支持しているのでしょう。

 こういう作品を生み出すためには、作り手も本物の妖怪から霊的なエネルギーを引き込んで、セッションしながら作っているはずです。すると、本物の霊たちも『ああ、自分たちのことを分かってくれているんだ』と思って、きちんと成仏する。この作品がヒットしているというのは、サイキック的には非常にいいことだと思いますね」


・マクドナルド経営不振

 日本マクドナルドホールディングスは、2014年6月中間連結決算で最終利益が前年同時期比の約6割減という苦境に見舞われた。W杯関連商品の販売が期待より伸びず、期限切れ食肉使用問題も発生し、消費者の信頼を失った。

「ここ数年のマクドナルドで社長を務めていたのは原田泳幸さん。彼はマクドナルドを再建させたことで、その経営手腕を高く評価され、6月にベネッセホールディングスの会長兼社長に就任しました。ところが、その矢先、ベネッセで顧客情報流出事件が起こり、批判を浴びることになりました。また、古巣のマクドナルドも今では不振に苦しんでいる。どうもトラブルを引き寄せてしまう因果律を持っているような気がします。

 企業経営というのは結局、トップの人の霊的な力で決まってしまうものです。マクドナルド再建のためには、いかに運の強い人をトップに置くかが大事だと思います。運の強さを見きわめるには、何と言ってもじゃんけんが一番。じゃんけんの強い人を経営者にしていれば、マクドナルドもここまで苦戦することはなかったはずです」

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。