>  >  > 【中国】親を殺害・料理した猟奇的事件

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

カニバリズム

,

中国

,

犯罪

,

猟奇殺人

,

警察

 現在、中国・香港で起きた恐るべき事件の公判が開始され、その全貌が次第に明らかとなり、世界を震撼させている。息子が両親を殺害し、しかもその肉を食べようとしていたという、身も凍る猟奇的事件の詳細とは――。

 今月5日、香港メディア「South China Morning Post」をはじめとする複数の海外メディアが一斉に報じたところによると、今回罪に問われているのは、チョウ・ホイリョン被告(30)だ。

cooked.jpg
チョウ・ホイリョン被告「The Daily Mirror」より


■ニート息子が、仕送りストップに逆上!

 事件は2013年に発生した。当時ホイリョン被告はアパートで一人暮らしをしていたが、仕事に就かず遊んで暮らす、言わばニート状態にあった。しかしそんなある日、仕送りによって何不自由ない生活を送る彼の姿を見かねた両親から、「これ以上の援助はしない。外に出て自分で働くように」と告げられてしまう。

cooked_2.jpg
チョウ・ウィンキさんとシュウ・ユエイーさん「The Daily Mirror」より

 父親のチョウ・ウィンキさん(65)と母親のシュウ・ユエイーさん(62)にとっては、息子の人生を考えた上での苦渋の決断だったが、ホイリョン被告は「親が自分を見捨てた」と激昂。両親との関係をこじらせる。そして彼は恐るべき計画に着手したのだった。


■和解のためのランチ……ではなかった

 2013年3月1日、ホイリョン被告からランチの誘いを受けた両親は、「和解のための食事だろう」と彼のアパートを訪れる。しかしそこで2人を待っていたのは、彼らにナイフを向ける息子と、その友人ツェー・チュンケイ被告(36)だった。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?