>  >  「責任自殺」は日本の文化? これまでの自殺事件

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:責任自殺
理研・笹井氏の自殺から考察 ―  「引責自殺」は日本の文化? これまでの自殺事件

 8月5日に神戸の理化学研究所・再生科学総合研究センター(以下理研CDB)内において、笹井芳樹副センター長が自殺した。笹井氏は階段の踊り場で首をつった状態で発見され、病院へ搬送されたが死亡が確認された。  カバンの中にはパソコンで作成された5通の遺書があった。小保方晴子氏に宛てたものには「あなたは悪くない」「絶対にSTAP細胞を実現させてください」といった記述があったとされる。  笹井氏は...

人気連載

“せむし男表現”をめぐる日本と欧米の温度差 ― 絶滅した「せむし男映画」の世界【後編】

※イメージ画像:『ヘルショック 戦慄の蘇生実験 デジタル・リ...

なぜ、せむし男は消えたのか? ― 絶滅した『せむし男映画』の世界【前編】

――絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・天野ミチヒロが、ツッコ...