>  > もしも宇宙人が地球に攻めてきたら?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

南風崎ましつ

,

宇宙

,

宇宙人

,

襲来

――宇宙バカのエンジニアが、「宇宙の謎」と「もしもの世界」を遊泳する!

0822uchuu_main.jpg
※イメージ画像:Thinkstockより

 僕は、「宇宙人は必ずいる」と考えているのですが、仮にその宇宙人が攻めてきたと過程した場合、正面からケンカしても、どこのナニ星人が来たとしても勝ち目はありません。絶対に負けます。

 なぜ言い切れるか?

 まずは、宇宙の大きさについて考えるところから始めてみたいと思います。


■太陽系の大きさを縮小して考えよう!

 お台場にあり、銀色の大きな球体がくっついた球場型展望台で有名なフジテレビ本社。見たことあるって人も多いと思います。

 仮にその球体(直径32mとのこと)を太陽として、太陽系の大きさを考えてみましょう。ここでは仮に「フジテレビ・スケール」と、名付けます。

 そうなると、地球は直径29cmのバスケットボールよりふたまわりほど大きい球に置き換えられます。そして、太陽と地球の距離はレインボーブリッジを挟んだ反対側、浜松町駅の距離(3.4km)となり、臨海副都心を覆うような円軌道を描いて飛んでいるわけです。こう考えると、意外に遠く、小さくありませんか?

 また、木星は直径3.3mの球体となり、東京23区をすっぽりと覆える軌道(半径18km)を回ります。また太陽系で最も遠い惑星、海王星は直径1.1mの球体で、およそ半径100km、関東地方を覆える軌道を描きます。
 
 太陽系の大きさは(太陽系の端はどこだと諸説ありますが)、今回は末端衝撃波面というところだと仮定すると、半径およそ300km。おおざっぱに西は名古屋や金沢、北は新潟や仙台、南は八丈島といった円になります。(東や南は海ばかりですね)

 太陽系は、今回の縮図にすると日本よりずっと小さいワケです。


■宇宙の広さは規格外!?

 この「フジテレビ・スケール」で言うと、太陽に最も近い恒星である「アルファ・ケンタウリ」や太陽系のご近所さんである「シリウス」、また地球と極めて似た特性を持つ惑星「グリーゼ832c」は、どれくらいの距離なのか、想像できるでしょうか?

 アメリカか、はたまたブラジルあたりかと思いきや、なんと地球をあっという間にはみ出す距離にあります。
 
 アルファ・ケンタウリで94万km、地球を23周半、これは月を1往復以上できる距離です。またシリウスは187万kmとなり、地球47周、月を2往復半できちゃいます。さらにグリーゼ832は、350万kmで、月を4往復半以上しなければならない距離なんです。
 
 ちなみに、地球がバスケットボールよりふたまわり大きい球になる「フジテレビ・スケール」で考えると、月は野球ボールくらい直径8cm程度です。ふたつの距離は8.7m離れていることになりますが、それでも浜松町駅の構内で充分ことが足りる距離です。

 もちろん、宇宙空間にはなにもありません。水素原子すらほとんどない、真空の世界が広がるのみです。
 
 半径300kmの太陽系空間にある物質も、直径3.3mの木星をはじめ、3mの土星、1mちょっとの天王星と海王星、バスケットボール程度の地球や金星、ソフトボール程度の火星や水星、あとはクズのような無数の小惑星があるだけです。

 いかに宇宙が広く、空虚な空間かがわかるかと思います。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。