>  > “ポールシフト”はもうすぐ!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
関連キーワード:

ESA

,

NASA

,

ポールシフト

,

地球

,

太陽

,

杉田彬

,

環境

,

磁場

0815taiyou_main.jpg
※イメージ画像:Thinkstockより

 7月23日、アメリカ航空宇宙局(NASA)は、2年前に過去150年で最大規模の高エネルギー粒子が放出され、それが地球に「ニアミス」していたと発表した。もし地球に直撃していれば、人工衛星や地上の電気設備に影響を及ぼし、約200兆円の損害が出ていたとも試算されている。


■ESAが地球の磁場を観測

 「太陽風」と呼ばれる高エネルギー粒子は日常的に地球へ到来している。普段は地球の磁場によって遮られるが、大規模な太陽風を受けると「磁気嵐」が発生し、人工衛星や地上に影響を及ぼすのだ。逆に言えば、よほどのことがない限り、地球の磁場が盾となってくれるのだが、実は今、その磁場が急激に弱まってきているということはご存知だろうか。欧州宇宙機関(ESA)は6月、衛星により観測したデータから、その興味深い実態を発表した。

 地球の磁場は、地球内部に流動体として存在する鉄やニッケルなど、電気を通しやすい金属が、誘導電流を引き起こすことで生じていると考えられている。「右ネジの法則」、「フレミングの法則」など学校で手を動かしながら覚えた人も多いと思うが、その原理だ。しかしながら、詳しいメカニズムは判明していないのが現状である。

 そこで昨年の11月、ESAは地磁気のメカニズムを詳しく解明するために、3基からなる人工衛星「SWARM」を打ち上げた。これは地磁気観測用の衛星で、磁気センサーを搭載した同型の3つの衛星が連携し、地球を取り巻く磁気圏のデータを集める。これで、地球の磁場の詳細な調査が可能となった。

magneticfield1
今回発表された地球の磁場観測データ 画像は「Daily Mail」より

 そして、今回発表された観測データは、地球の磁場がこの6カ月間、当初の予測の10倍のスピードで弱まっていることを示したのだ。磁場の変化を表す地図を見ると、インド洋の辺りは1月から強って(赤くなって)いるが、アメリカ大陸の周辺など広い範囲で弱まって(青くなって)いることが分かる。なぜ磁場が弱まったのか、明確な理由は判明していない。だが、この変化は「ポールシフト」の兆候であるという説がにわかに浮上している。

■ポールシフトが起こるとどうなる!?

関連キーワード

ESA
NASA

コメント

1:たつまき2016年11月27日 05:11 | 返信

創造主らは地球にも万事無償で与えたが、地球は古来トカゲ座のレプティリアン・ヒューマノイド(4次元の全身鱗に覆われた爬虫類型ヒューマノイド)と彼らのボス:龍座ドラコニアン(5次元の有翼二足歩行動物トビトカゲで英国首都ロンドン市の公式紋章)の侵略支配で金権奴隷支配体制下にあって、この邪悪で腐敗したTyranny:暴虐支配で苦難の行詰り状態にある。
宇宙情報によれば、銀河連合加入の約2万の先進文明惑星には、地球のような野蛮な暴虐支配体制はない。
創造主らによる宇宙粛清で、地球の5倍大の惑星NIBIRUが超急速に地球へ接近中である。その破壊的作用で、本2016.12初頭に地球のポールシフトが突発して、爬虫類絶滅時代以来の新地球破局になる。
創造主らからの知らせによれば、その上いよいよ、創造主らに敵対している地球は、レプティリアンの惑星、ドラコニアンの惑星と共に、創造主らによる宇宙粛清で2016.12に宇宙から消滅する。
http://blog.livedoor.jp/tatsmaki

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。